単語不足を感じるとき



たまみ
:Maruhiko is…is…

まるひこ:あ、たまみちゃん瞬間英作文のトレーニングしてるのかな。「まるひこはイケメンです」って言いたいのかな?

たまみ:Maruhiko is…あ~出てこない。「ブサイク」って英語で何ていうんだっけ?

まるひこ:あぁ、それなら「ugly」…っておい!







単語不足を感じるとき


~単語不足を感じるとき~

1.単語一つで表せれば…

瞬間英作文を瞬間英作文のやり方」のページにある、レベル1、レベル2と終え、英作文回路が完成してくると、全体の文構造はイメージできるのに、部分的にイメージを表す単語が見つからない…という事態に陥ります。
これがボキャビルをする一番ベストなタイミングです。

別の言葉で何とか説明出来ない事はなさそうですが、単語一語で表す事が出来るならその方が楽ですから、やはり、より使える単語を増やしていくことが不可欠です。

単語一語を、別の言葉で説明するというのは、聞き手としてはあまり何回もやってほしくない事だと思います。非常に周りくどく感じるからです。

例えば、「nag」という単語の場合。
nagは「○○(人)の行為について、うるさく小言を言う」といった意味を表しますが、この単語を知らなった場合、「to keep complaining to ○○(人) about their behavior 」という具合に、別の言葉で長々と説明しなければなりません。

ネイティブとしては、「nag」という単語があるのになぁ…と思っているかもしれません。


逆に外国の方に、「本を借りられる建物に行って…そこで働いている人に、本の借り方を聞こうとしたら、その人は私の父の弟の娘で…心に衝撃を受けました」などと言われたら、言いたい事は確かに伝わりますが、
・本を借りられる場所→「図書館」
・そこで働いている人→「職員」
・私の父の弟の娘→「従姉妹」
・心に衝撃を受ける→「驚く」

のように、もっと短く簡単に言える単語があるのになぁ…と思うところですよね。
我々がネイティブと英語を話す時は、これと同じような印象を与えているのかもしれません。

ですのでやはり、ボキャビルにより、使える単語を増やすのは必須と言えそうです。

2.負担も最も少なくなる

■「数種類の学習を並行して行う」のページにあるように、瞬間英作文のレベル2を終えるころには、精読等のトレーニングも終えており、文構造から単語の意味を推測することも容易になっているはずですから、単語の定着率も非常に良くなり、学習の負担もかなり少なくなっているはずです。

多くの人は「英語の学習と言えば単語だろ」と言わんばかりに、いきなりボキャビルに取り組みますが、「単語が覚えられない理由」のページにあるように、精読力が十分でない段階で取り組むと、例文の文構造から単語の意味を推測する事が出来ず、単語の定着率は悪くなります。

また、既に音読パッケージを上級レベルまで終えていれば、ニュース英語や生の会話などの速いスピードで読まれる英文でなければリピーティングやシャドーイングが簡単に出来るようになっていると思いますので、テキストに付属のCDから聞こえてくる音声をリピーティング、シャドーイングすれば、さらに単語の定着率は高まります。
参考
→「音読とは?
→「音読のやり方

あとは、「ボキャビルの極意」にあるような方法を取り入れたり、「ボキャビルはスキマ時間に」取り組むようにすれば、定着率は極限にまで高まります。

3.最も大事なのは

■上記の様なことももちろん大事なのですが、それにも増して更に重要な、ボキャビルの根幹を成す要素は、やはり「単語との出会いの数」です。

単語の定着率=出会いの数」のページにあるように、一つの単語との出会いを違った例文間ですることで、単語の定着率は極限にまで高まります。


一つの単語との出会いを違う例文間でするには、同じレベルの単語集を複数冊こなす必要があるのですが、同じ単語に違う単語集で必ず再び出会えるとは限りません。

加えて、音声CDが付属していない単語集もたくさんあります。
単語レベルが高くなるほど、その傾向は顕著に表れ、8000語レベル以上になると、極端に音声CDが付属している単語集は少なくなるようです。

また、ボキャビルをスキマ時間に行えるように、日本語と英語が両方収録された音声CDが付属しているのがベストなのですが、そのような教材は非常に少なく、6000語レベルですら、英語音声のみの収録となっているものが多いです。
英語音声のみでは、テキストで確認しない限り、単語の意味を確認出来ないまま終わってしまうことになります。
(英語音声のみ収録されていれば、「日本語→英語音声教材の作り方」のページにあるようなやり方で、自分で作れない事もないのですが、莫大な手間と時間がかかり、作るだけで挫折してしまう事になりかねません。)

このような状況下では、「英語学習の順序」のステージ2までを終え、ボキャビルをするレベルに達した方でも、単語の定着率を高めるには限界があるようです。

4.救世主的教材

■上記のような問題を解決するには、「ボキャビルマラソン」を利用すると良さそうです。
ボキャビルマラソンは、一つの単語との出会いが最大7回まで設けられており、日本語と英語の音声が両方収録されています。

7回ある出会いは、全て違った形での出会いとなり、定着率を高めるのに抜群の効果を発揮します。
また、日本語と英語の音声が両方収録されており、スキマ時間を利用してボキャビルをする事が出来ます。

身に付く単語は8000~12000語までのパワフルなレベルのもので、主要英字新聞の95%をカバーしているそうです。
このレベルの単語が身に付けば、多読においても、ペンギンリーダーズなどの語彙制限本を脱し、本格的な小説やペーパーバックに手をつけられるようになります。
参考
→「多読とは?
→「どのレベルの語彙まで覚えるべきか?

その完成度から「DUO 3.0」と同様、ボキャビルマラソンに辿り着く英語学習者は多いようですね。






終わり

たまみ:言いたい事を表す単語が見つからないのってすごいもどかしいよねぇ。

まるひこ:そうそう。僕のシャーロットへの愛も中々言葉では伝えられずもどかしいんだよねぇ。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序



この章のその他の記事
単語が覚えられない理由
アプリで英単語学習はやめた方がいい
英単語を覚えるのが苦痛な理由
英単語カードはオススメしない





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)