ボキャビルのやり方




たまみ:はぁ〜単語ってなかなか覚えられないね〜。何か単語を覚える効率のいいやり方ってないのかな?

まるひこ:簡単だよ。自分の好きなジャンルとかで、その単語を使って例文を作れば覚えがいいよ。あと、身近な人とかを例文に登場させたりね。僕の場合は、常に例文にシャーロットを登場させるんだよ。例えば「Charlotte loves me a lot.」とかね。

たまみ:あぁ〜すごい覚えやすいかも。例文作った時に感情が生まれるからね。「Though Maruhiko is creepy.」

まるひこ:ん?creepyってなんだい?イケメンって意味かな?

※「creepy」は、気持ち悪い、キモいという意味です








ボキャビルのやり方


〜ボキャビルのやり方〜

1.書いて覚えようとしない事

■他のトレーニングに関しても言えることですが、ボキャビルは特に正しい学習方法を実践しているかどうかで、非常に定着率に影響が出てくるものだと思います。

ひたすら紙に書きまくったり、単語カードを作って覚えるのと、出会いの回数を重視する学習法を実施するのとでは定着率、覚える単語数が全然違ってきます。何より、紙に書いたり、単語カードを作って覚えるのは、退屈で負担も大きく続かない要因になり得ます。

2.使用する教材

「DUO 3.0」を使おう



■使用する教材ですが、必ず例文が掲載されていて、音声CDがついたものを選びましょう。
音声CDには、例文が日本語で話された後、英語の音声が話されるものが理想的です。さらに、英語のみの音声も収録されていれば尚、理想的です。

大学受験を経験された方であれば、4000語程度の語彙力をお持ちだと思いますので、始めに取り組む教材としては、「DUO 3.0」が非常におすすめです。

通常の単語集では単語1つに例文1つという構成ですが、「DUO 3.0」は一つの例文に、複数の覚えるべき単語が入っているのが最大の特徴です。1つ例文を覚えれば、一気に複数の単語を覚える事が出来ます。

例文は全部で560個収載されていて、それだけで単語・表現を
2569個学ぶ事が出来ます。

さらに「DUO 3.0」は、テキストと別にCD(5枚収録)が発売されていて、そのCDは上述の様な、日本語で例文が話された後、英語で例文が話されるという構成になっています。

英語音声にはもちろんネイティブの方を起用し、例文を感情を込めて読んで下さっているので非常に頭に残りやすいです。例文も、身近な話題が多く、親しみやすいものが使われています。

さらに別売りで、英語音声のみのCDも発売されており、最後に2ヶ月間ほど流しっぱなしにして聞けば、かなり定着率がよくなります。

「DUO 3.0」    「別売りCD5枚」 「復習用(英語音声のみ)」

    

DUO3.0を終えた後は、更にレベルを上げ8000語レベルの教材に取り組みましょう。
DUO3.0と同じく日本語と英語の両方の音声が収録されている教材として有名なものに、「ボキャビルマラソン」があります。
同じ単語との出会いが最大7回も用意されていて、学習の負担も少なく、無理なく8000〜12000語までの強力な語彙を身に付ける事ができます。


3.ボキャビルのやり方

@例文を日本語訳を見ずに解釈する
■まずは、覚える単語が使われている例文を、日本語訳を見ずに解釈してみてください。文の構造から、覚えるべき単語の意味を推測するのです。
このステップを踏む事は、単語を記憶しやすくするのに役立ちます。

例えば「restrain」という単語に関して、以下の様な例文があったとします。

【Mr.Walker could hardly restrain himself when he heard the wonderful news.】

これをみて
「え〜、ウォーカーさんはその素晴らしい知らせを聞いて彼自身を○○する事ができなかった、か。何をする事が出来なかったんだろう?多分、感情を抑えるとかそんな意味だろうな」


と予想してから、その答えである訳を見て、
「restainは、『抑える、抑制する』って意味なのか。そうか、やっぱり自分自身を抑えることが出来なかったんだな。素晴らしい知らせを聞けば普通は興奮するもんな。」

と頭の中で咀嚼すると、非常に記憶に残りやすいです。予想が間違っていても、それはそれで記憶に残りやすくなります。
例文一つ一つに対してこれを実践すると、少し時間がかかるかもしれませんが、私は是非オススメします。

※上記のように、文構造から、単語の意味を推測するには文を正確に読み解く「精読力」をつける必要があります。
関連
→「文構造から単語の意味を推測する


A日本語訳を見て例文を読み解く
■日本語訳を見て、例文を読み解きます。この時、日本語訳はそのまま暗記するのではなく、各単語の意味を知り例文を理解するための助けとします。あくまで、例文を英語の構造のまま理解する事に努めましょう。

ボキャビルに取り組むのは、精読が出来る様になってからですから、そのあたりは大丈夫だと思います。
精読が出来ない人は、ボキャビルをしてはいけません。まず、精読トレーニングから開始しましょう。「英語真っすぐリーディング講座」を利用すれば精読は比較的短期間で終える事ができます。
参考
→「精読のやり方


B単語の意味を確認し、例文を解釈
■例文の日本語訳は意訳であるため、覚える単語が実際に示す日本語での意味を文脈に合わせて変えている場合がよくあります。

例えば、「epitomize」という単語の場合、
あるテキストでは以下の様な例文とその意訳が記載されています。

【Mr. Saks epitomizes the ideal corporate executive.】
(サックス氏は理想的な経営者そのものです)


そして、単語の意味を実際に確認すると

■epitomize
〔動〕要約する、抜粋を作る、〜の縮図(典型)である

となっています。
これを見て例文を、
「あ、epitomizeは動詞なんだ。サックス氏は、理想的な経営者の典型的態度や行動を示しているんだろうな」
と、epitomizeが動詞である事を頭に入れないと、epitomizeを「そのもの」という名詞と認識して覚えてしまい、(epitomizeが動詞である事は、文構造を見ればわかりますが)

【His behavior was the epitomize of a child.】
(彼の行動は、子供そのものだった)

の様な、be動詞を伴った英文を作ってしまう事もあり得ます。

必ず、単語の意味を確認しましょう。
単語の意味を確認した上で、例文を解釈します。

C音声を聴き、イメージを結ぶ
■日本語と英語が両方収録された音声を聞いて、しっかりとイメージを結んでください。この時、もちろん単語の発音もチェックしてください。
聞き取りにくい箇所は、音読してから聞いたり加工してリスニングしましょう。

Dテキスト全体が終了したら、再び全ての例文に対して@〜Cを繰り返す
■一度見て、イメージを結んだだけでは、テキストに網羅されている単語の全てを覚える事は不可能なので、@〜Cのステップを数回、繰り返しましょう。特に音声は、耳に残像の様に音が残るまで繰り返し聞くといいです。

私自身は、テキストに収載されていた単語が、別の場所で使われて、一瞬意味が思い出せなかった時、頭の中にその単語を使った英文の音声が流れてきて意味が思いだせると言う事がよくあり、非常に音声が記憶の助けとなっています。
関連
→「単語の定着率=出会いの回数
→「ボキャビルの極意









終わり

たまみ:ボキャビルはいい教材に出会う事がカギだよね。

まるひこ:うん、なければ自分で作ればいいんだよね。(参考日本語→英語音声教材の作り方」)


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
単語が覚えられない理由
単語不足を感じるとき
アプリで英単語学習はやめた方がいい
英単語を覚えるのが苦痛な理由
英単語カードはオススメしない





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)