英文法イメージ一覧


たまみ
:このページでは、文法解説で紹介している英文法のイメージが一覧で見られるみたいだねぇ。

まるひこ:お、それはいいねぇ。文法解説一つ一つのページを開かなくてもイメージを確認できるってことだね。

たまみ:イメージのクオリティが低いのがちょっと難点だけど、まぁまるひこ君の顔のクオリティよりは高いから大丈夫だよね。

まるひこ:意味わかんないんですけど…







英文法イメージ一覧


■このページでは、「イメージ 英文法」の章の文法解説で紹介している各文法のイメージを一覧で確認が出来ます。

「何でこんなイメージなの?」と思われた方は、リンクをクリックすれば各文法解説のページへジャンプしますので、そちらで確認してください。

be動詞


疑問文


否定文


命令文


疑問詞

・what


・where


・how


・when


・which


・who


・whose


・why


疑問詞2

・what time


・what kind of


・how many


・how much


・how long


・how old


現在進行形


can


一般動詞の過去形


be動詞の過去形


未来

・be going to


・will


動名詞


不定詞

・形容詞的用法


・副詞的用法


・副詞的用法(感情の原因)


・名詞的用法


助動詞

・may


・shall


・must


・should


比較

・原級比較


・比較級


・最上級


There is


受身(受動態)


■現在完了

継続


経験


完了/結果


不定詞2

・what to


・when to


・where to


・which to


・how to


・want+人+to


・ask+人+to


・tell+人+to


・形式主語Itの文


・too…to〜


分詞(形容詞的用法)

・現在分詞(前から修飾)


・現在分詞(後ろから修飾)


・過去分詞(前から修飾)


・過去分詞(後ろから修飾)


関係代名詞

・主格


・所有格


・目的格


・主格を含むwhat


関係副詞

・where


・when


・why


・how


知覚動詞

・see


・watch


・hear


・listen


・feel


・notice


使役動詞

・make


・let


・have


・get


自動詞と他動詞

・自動詞


・他動詞


文型

・第一文型


・第二文型


・第三文型


・第四文型


・第五文型







終わり

たまみ:最低限これだけはマスターしたいねぇ。

まるひこ:管理人もよくこれだけのイメージを描いたもんだ。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


文法解説





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)