まずは薄く理解しよう




まるひこ:英語の勉強といえば、まずは、英文法からだよね。よ〜し、高校英語の英文法まで完全に理解してやるぜ!

たまみ
:確かに、まずは英文法からだけど、管理人はまずは中学英語を薄く理解するだけでいいって言ってたよ。

まるひこ:へ?中学英語を薄く理解?何言ってんだあの管理人…英文法は、英語を話すときのルールだから、完璧に覚えた方がいいに決まってるだろ?

たまみ:う〜ん、きっと何か主張があるんだろね。

まるひこ:しょうがない、○○な本と引き換えに理由を聞きに行ってみるか…







まずは薄く理解しよう


〜まずは薄く理解しよう〜


1.すぐに瞬間英作文へ

■英語の勉強と聞くと、英文法を思い浮かべる方は多いですよね。
英語学習の順序」のページにある様に、確かに初めは英文法から始めるのが効率が良いようです。

リスニング、リーディング、瞬間英作文など全ての英語のトレーニングは、英文法の基礎が出来ていない段階で取り組むと負担が重く、また、充分に効果が得られないからです。

しかし、いきなり分厚い文法書を取り出して文法を完璧に学ぼうとするのはオススメしません。

まず薄めの文法書や参考書で中学英語を薄く理解したら、その後はすぐにでも瞬間英作文に移るのがよさそうです。

瞬間英作文は、初めは、「受身」「現在進行形」など、表現別にトレーニングをしていきますが、ここで、文法が深く体に刷り込まれるからです。

参考
→「瞬間英作文とは?
→「瞬間英作文のやり方

文法書をひたすら暗記しようと努めるより、トレーニングにより、文法を「肉体化」してしまうこちらの方が定着率がいいのです。
また、文法書では理解出来なかった部分でも、トレーニングを何度もやっているうちに、なぜか肌でわかるようになるという現象が生じることが多々あります。私自身そうでしたし、多くの方が経験されていると思います。

こういった現象は、瞬間英作文トレーニングだけでなく、リスニングや多読、ボキャビルなどをしている最中にも起こります。文法は、最初は概要だけ学び、後はトレーニングに入ってしまったほうが、どんどん先に進んでいきます。

まだ文法が完璧じゃないから…といって、いつまでもとレーニングに移行しない方が多いと思いますが、完璧に出来ない部分ばかりを見ていてはいつまで経ってもトレーニングに移行できません。
多少理解できない部分があっても、何となく理解して、トレーニングに移ってしまいましょう。
関連
→「完璧主義にならない

とはいえ、文法を全て適当に理解しろというわけではありません。
最低でも、この「イメージ 英文法」の章に書いてある内容くらいは理解しましょう。特に各表現のイメージは、必ず結べる様にしてください。


そうして「受身」「現在進行形」などの各表現のイメージを結べる様になった後は、表現別に瞬間英作文トレーニングをする事で、頭にイメージしたものを英語にする事が出来るようになります。頭に英作文回路が敷設されるのです。
参考
→「英作文回路の説明



瞬間英作文トレーニングは、音読パッケージ(参考→「音読とは?」)と並び、英語学習の柱となるものです。
それほど効果が高く、重要なトレーニングです。私も瞬間英作文で大きく英語力が上昇しました。

2.文法の完成はしばらく後で

■瞬間英作文により、中学英語の文法表現が体に染みついたら、今度は厚めの文法書を使用して高校英語の完成を目指します。

この段階になると、高校英語の文法など中学英語に毛が生えたようなものだと思えるほど簡単にこなしていけると思います。

総合英語Forest 7th Edition 」などの文法解説書を読んだあと、
総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング」などの問題集を2冊ほどこなせば、知識は十分定着するでしょう。

さらにその後は、「YouCanSpeak」などの中学英語の枠を取り払ったレベルの教材で瞬間英作文をしていくことになります。
そして同時に、「英語真っすぐリーディング講座」等を利用して、正確なリーディング力をつけていくことになります。


〜まとめ〜
1.最初から、分厚い文法書を使って文法を完璧に覚えようとしないこと
2.まずは中学英語を薄く学び、基本的な表現のイメージを結べるようにすること
3.イメージを結べる様になったら、すぐに瞬間英作文トレーニングに移行すること





終わり

たまみ:管理人は、最初から分厚い文法書でやろうとしたんだって。自分がやった失敗をみんなにしてほしくないんだね。

まるひこ:600ページもある文法書を丸暗記しようとしたらしいよね…絶対挫折するよねそんなの…



英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章の他の記事





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)