英作文回路1.be動詞




たまみ:英作文回路ってなんだろねぇ。まぁだいたい予想つくけど。

まるひこ:う〜ん、たぶん栄作君を分解する施設じゃない?「栄作分解炉」

たまみ:怖いよ、誰だよ栄作君って。つっこむのめんどくさいからボケるのやめてよね。

まるひこ:管理人は笑ってくれたんだけどなぁ・・・

※本当に笑いました










※注意!当サイト「イメージ 英語」の英作文回路の説明は、あくまで管理人が英作文する際の頭の中のイメージを描いています。間違いや理解しにくい部分等もあるかと思いますが、ご了承ください。

英作文回路を詳しく解説


 英作文回路とは、瞬間英作文とは?のページにある通り、英作文をする回路、つまり英語の文を作るときの思考の仕方やプロセスの事でしたね。
英作文回路を鍛える事は、言いたい事を話す力を養います。また合わせて、リスニング力や速読力などもアップします。

このページから、数ページに渡り、英作文回路に関して、深く触れていきます。
英文を作るとき、どの様に頭を働かせるのか、どういうイメージが頭にあるのかを見ていきましょう。


英作文回路1.be動詞


平叙文


まずは平叙文からです。

be動詞は、〜である、〜にいるを表す言葉でしたね。
(
参考be動詞)

【私は学生です】
という文を英作文するとき、まずは、主語「 I 」を頭に浮かべます。



次に、主語が何なのかを言いたいので、be動詞「 am 」を使います。
これは「今から
何なのか言うよ」という感じですね。


最後は、学生「a student.」


これが、「主語が何なのかを表す」be動詞を使った文を作るときの思考の仕方です。

もう一つ、「主語がどこにいるかを表す」be動詞を使った文を見てみましょう。

【まるひこはパチンコにいます.】
まずは、主語「Maruhiko(まるひこ)」を思い浮かべます。



続いてbe動詞「 is 」。「今からどこにいるか言うよ」という感じですね。


最後にin the Pachinko


これが「主語がどこにいるのかを表す」be動詞を使った文を作るときの思考の仕方です。


疑問文

次に疑問文です。
be動詞の疑問文の語順は、疑問文のページを参照ください。

【あなたは医者ですか?】
という文を英作文するとき、疑問文なので、まず「?」を頭に浮かべます。頭に「疑問文を作るぞ!」という準備をさせます。



次に、何であるかを尋ねるbe動詞「Are」。「何なのか今から聞くよ」という感じです。
areと言われた時点では、相手は「何なのか」を聞かれるのか、それとも「どんななのか」を聞かれるのか
はわかりません。そもそも自分の事を聞かれるのかさえもわかりません。



次に、主語「you」。


最後に「a doctor?」。相手はこの時点で初めて、最初のareが「何であるか」を尋ねるものだったとわかります。


ただ実際には、「Are you a doctor?」を言い終わるスピードは1秒にも満たないですから、
「おっ、areが来たという事は疑問文だな。何であるのかを尋ねるのか?どんななのかを尋ねるのか?さぁ、どっちだ!?」とか考えてる暇はありませんよ。


否定文

次は否定文です。
be動詞の否定文の語順に関しては、否定文のページを参照ください。

【わたしは医者ではありません】
という文を英作文するとき、否定文なので、「×(違う、〜ではない)」のイメージを頭に浮かべます。頭に「否定文を作るぞ!」という準備をさせます。



次に、「I」


次に、「am not」。「何でないのかを今から言うよ」という感じです。


最後に、「a doctor.」。









終わり

たまみ:be動詞って、それを言った時点では相手は「何であるかを言おうとしている」のか「どこにいるかを言おうとしているのか」は判断できないんだね。ただ実際はほぼ一瞬で、次の語句が発言されるから、be動詞って、有って無い様なもんなんだね。例えば「You a student」でも通じちゃうし。

まるひこ:う、うん・・・締めが長いよたまみちゃん・・・


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


英作文回路



注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)