現在完了(完了・結果用法)




たまみ:まるひこ君、昨日出された数学の宿題、終わった?

まるひこ:あぁ、もうバッチリさ。今の今までやってて、たった今終わったよ。

たまみ:今終わったんだ。もうすぐ数学の授業始まるじゃん。ほんといつもギリギリなんだから。ギリギリなのは顔だけにしてよ。

まるひこ:たまみちゃん、なんか回を増すごとに毒舌になってってるね・・・







現在完了(完了・結果用法)


現在完了の完了・結果用法とは、ずっとしていた行為を今現在もしくは限りなく現在に近い過去に終えた事を表す用法です。「〜したところだ」「〜してしまった」と訳されます。
just(ちょうど)やalready(すでに)を伴う事が多い用法です。

文の形

主語+have(+just/alreadyなど)+動詞の過去分詞.

例文
【I have just finished my homework.】(私はちょうど宿題を終えたところです)



現在完了(完了・結果用法)の疑問文


現在完了の結果・完了用法の文を疑問文にすると、「〜したところですか?」「〜してしまったのですか?」と尋ねる事が出来ます。
yet(疑問文では「もう」という意味)を伴う事が多いです


文の形
Have+you+動詞の過去分詞(+yet)+?.


例文
【Have you eaten these apples yet?】(あなたはそのりんごをもう食べてしまったのですか?)
【Yes. I have.】(はい、食べました)



現在完了(完了・結果用法)の否定文


現在完了の結果・完了用法の文を否定文にすると、未だにある動作や行為が完了していない事を表す事が出来ます。
「まだ〜していない」と訳されます。
yet(否定文では「まだ」という意味)を伴う事が多いです。


文の形

主語+have+not+動詞の過去分詞(+yet).

例文
【He has not finished his homework yet.】(彼はまだ宿題を終えていません)



ずっと宿題をやっているが、まだ終えていないという感じですね。



現在完了(完了・結果用法)のイメージ



■現在完了(完了・結果用法)のイメージ



現在完了の完了・結果用法は、それまでしていた事をピタッとやめるイメージです。
同じ現在完了でも、他に「経験用法」や「継続用法」がありますが、それぞれイメージで見ると違いが分かりやすいですね。
参考
現在完了(経験用法)
現在完了(継続用法)








終わり

たまみ:現在完了って色々用法あるけど、どの用法も現在に焦点があるんだよね。

まるひこ:うん、いちいち「どの用法だろ?」なんて確認してたら、会話のスピードについていけなくなるよね。


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


文法解説





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)