現在完了(経験用法)




たまみまるひこ君、シャーロットの家行ったことある?

まるひこ:ああ、もちろんさ。シャーロット命のこの僕が、行ったことないわけないじゃないか。彼女の家はすごいよね。5階建てで、外観が五重の塔みたいだもんね。セキュリティも半端じゃなかったよ。

たまみ:セキュリティ?まるひこ君まさか、侵入したの?ストーキング行為に留まらず、空き巣行為まで・・・

まるひこ:い、いやほら、僕はただシャーロットが心配なだけでね・・







現在完了(経験用法)


現在完了の経験用法とは、今までに経験した事がある事を表す用法です。「〜したことがある」と訳されます。
before(以前に)やonce(一回)、twice(2回)、three times(3回)、many times(何度も)などの回数を表す言葉を伴う事が多いです。

文の形

主語+have+動詞の過去分詞(+回数を表す言葉など).

例文
【I have seen UFO before.】(私は以前UFOを見た事があります
)


経験というものは、一度すれば消えることなく本人の脳に記憶として刻みこまれますよね。
UFOを見たまるひこは、それを忘れる事なく今も覚えています。
現在完了は用法を問わず、過去を今の状況と繋げて、「どういういきさつを経て、今、どうなっているのか」を一気に表現する形です。
ですから、「UFOを見た」という経験は、ただ【I saw UFO】と過去形にならずに、【I have seen UFO】と現在完了形で表されるのです。





現在完了(経験用法)の疑問文


現在完了の経験用法の文を疑問文にすると、過去にある行為を経験した事があるかどうか、尋ねる事が出来ます。
「〜した事がありますか?」と訳されます。

文の形

Have+主語+ever+動詞の過去分詞+?

例文
【Have you ever eaten this food?】(あなたは今までにこの食べ物を食べた事がありますか?)



またHow many timesを用いて、何回経験した事があるかを尋ねる事も出来ます。

文の形
How many times+have+主語+動詞の過去分詞+?

例文
【How many times has he tried to go into your house?】(彼は何回あなたの家に入ってこようとした事がありますか?)



現在完了(経験用法)の否定文


現在完了の経験用法の文を否定文にすると、過去に経験した事がない事を表せます。「〜した事がありません」と訳されます。
否定文にするにはhaveの後にnotを入れるのですが、notの代わりにnever(一度も〜ない)を置いて強い否定を表す事が多いです。

文の形

主語+have+never(not)+動詞の過去分詞.


例文
【I have never been to Europe.】(私はヨーロッパに一度も行った事がありません。)



have been to は〜に行ったことがあるという経験を表す表現です。
have gone toでは、「〜に行った事がある」ではなく「〜に行ってしまった(今はいない)という完了・結果の意味になってしまいます。注意しましょう。




現在完了(経験用法)のイメージ


■現在完了(経験用法)のイメージ




現在完了の経験用法は、過去にした事を現在までずっと覚えているイメージです。
現在完了という言葉は忘れて、「経験を表すときに使う」とだけ覚えておいたほうがいいのかもしれません。
同じ現在完了でも、他に「完了・結果用法」や「継続用法」がありますが、それぞれイメージで見ると違いが分かりやすいですね。
参考
現在完了(完了・結果用法)
現在完了(継続用法)








終わり



たまみ:現在完了の絵描くのめんどくさいって管理人言ってた。

まるひこ:全部イメージで表現しようとするからだよ。無茶だって。


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


文法解説





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)