はじめに





〜当サイト「イメージ 英語」をご覧いただき、ありがとうございます〜

その気になれば、日本を一歩も出なくても英語は喋れるようになります。
今の日本には、その為の充分な環境が整っています。


正しいメソッドを身に付け、しっかりと時間を投資さえすれば、必ず英語力は上昇します。
管理人が提唱する正しい英語学習のメソッドは、端的に言って以下のとおりです。


1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる

4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる




現在、書籍、インターネットなど様々なメディアで様々な教材が紹介されていますが、
イメージを結ぶように意識させる勉強法を紹介しているものはほとんどありません。

まるで、みなさんが正しいメソッドに辿りつくのを阻んでいるかのように感じられてしまいます。

言語とは、イメージを伝え合うもののはずです。

be動詞、現在進行形、受身など、みなさんがこれまで嫌々文字のみで覚えてきた表現は実は全て
イメージで表せます

「単語はイメージで覚える」というフレーズはよく耳にしますが、
「文法をイメージで覚える」というフレーズはあまり耳にした事がないのではないでしょうか。
be動詞で言えば日本語で言う「〜です、〜にいる」
現在進行形で言えば日本語で言う「〜しているところだ」
など、文字ばかりで文法を教えている教材がほとんどです。

私は、兼ねてより
「単語だけでなく、文法も全部イメージで表してある教材があればなぁ…」
と思っていました。

しかし、探しても探してもそのような教材に出会える事はありませんでした。
そこで、
「ないなら、自分で作ってしまおう!」

そう思い立って、このようなサイトを作成しました。
みなさんが、当サイト【イメージ 英語】を見ることで周り道する事なく正しい英語勉強法を見につけ、
「英語って、案外簡単なんだ」
「英語って、面白い」
と思ってもらえるようになれば、幸いです。

※当初は上記のような考えで作成したサイトだったのですが、年月とともにイメージとは関係ないページも増えてしまいました。ですが未だに「英語はイメージで捉えるもの」という考えは変わっておりません。(2016年1月追記)


まずは英語学習の種類を知りましょう
→「学習の種類ごとに解説


すぐにでも学習を始めたい方はこちら

→「英語学習の順序






what's new





当サイト人気記事TOP.10


1位→「英語を学ぶメリット

2位→「瞬間英作文のやり方

3位→「精読のやり方

4位→「音読のやり方

5位→「音読を行う期間と量

6位→「英語学習の順序

7位→「短期集中型の人へ

8位→「単語の定着率=出会いの回数

9位→「返り読みするクセを正す

10位→「パソコンで瞬間英作文






たまみ:このページを見てしまったあなたは英語学習をせずにはいられなくなるでしょう…

まるひこ:このページを見てしまったあなたは僕に惚れずにはいられなくなるでしょう…











注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。

SIDE MENU





勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)







イメージ 英語