一般動詞




たまみ今日は一般動詞の授業だねぇ

まるひこあぁ、あれでしょ?最終的に打出の小槌で人間の大きさになって娘と結婚するっていう…

たまみそれは一寸法師でしょ。のっけからしょうもない事言うのやめてよね。まるひこ君の脳みそこそ一寸しかないよ。

まるひこ(軽いジョークなのに・・)







1.一般動詞とは


一般動詞とは、be動詞以外の動詞の事です。

一般動詞には2種類の動詞があります。

2種類の一般動詞
@動作を表す動詞
A状態を表す動詞


具体的には、それぞれ、どのような動詞があるのでしょうか?
イメージで見ていきましょう


@動作を表す動詞

動作を表す動詞には以下の様なものがあります。

【study】 ・勉強する




【run】 ・走る


【talk】 ・話す


どれも、○○(を)すると表せます。

例文
■I study English everyday.(私は英語を毎日勉強します。)
■I run in the park afterschool.(私は放課後、公園で走ります。)
■We always talk about maruhiko.(私達は、いつもまるひこのことを話します
)



A状態を表す動詞

状態を表す動詞には以下の様なものがあります。

【know】   ・知っている



【like】 ・好き


「知っている」も「好き」も一時的なものではなく、
ずっとその状態が持続していますね。

例文
■I know him.(私は彼の事を知っています)
■I like this.(私はこれが好きです)

2.一般動詞の変化



一般動詞は色々な形に変化します。

1.sがつく→三人称単数形
例 run→runs、study→studies、talk→talks

2.ingがつく→現在進行形
例 run→running、study→studying、talk→talking

3.過去形→過去形
例 run→ran、study→studied、talk→talked

それぞれ別のページで詳しく解説しています。下記リンクを参照下さい。
参考
三人称単数形
現在進行形
過去形









終わり

たまみ:一般動詞にも2種類あるんだねぇ

まるひこ:(僕とシャーロットのツーショットが全然ない・・・)


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


文法解説





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)