とにかく英語に触れる




たまみ:英語って毎日触れてないと上達しないって聞くけど、毎日触れるのって中々難しいよね。

まるひこ:そうだねぇ。意識してそういう環境を作り出さないとダメだよねぇ。僕みたいに世界中のお姉さんとライブチャッ…いや、ツイッター等SNSで絡んだりね…ははは…。

たまみ
:そうなんだぁ。あたしも何か英語環境作りださないと。何かいいアイデアないか、管理人に聞きに行ってみよう。

まるひこ:(実はライブチャットは管理人から教えてもらったんだよね…)







とにかく英語に触れる


〜とにかく英語に触れる〜

1.思考を英語でいっぱいに

■英語の上達に欠かせない心構えとして、「とにかく英語に触れる」姿勢が大事です。
英語には、「英語学習の順序」のページにある様に、理想的な学習順序がありますが、最悪この学習順序を守らなくても、続けてさえいれば、遠回りにはなるかと思いますが上達はすると思います。

毎日、何でもいいですから英語に触れる事を考えてください。
なるべく洋楽を聞いたり、本、インターネットで、

どうやって学んでいけばいいのだろう?
参考→「英語学習の順序
音読ってどうやってやるんだろう?
参考→「音読のやり方
リスニングってどうやってやるんだろう?
参考→「リスニングのやり方
瞬間英作文って何だろう?
参考→「瞬間英作文とは?
瞬間英作文ってどうやってやるんだろう?
参考→「瞬間英作文のやり方
単語はどう覚えればいいのだろう?
参考→「ボキャビルのやり方
単語がなかなか覚えられないなぁ…
参考→「単語の定着率=出会いの数
どうしても帰り読みしてしまうなぁ…
参考→「返り読みするクセを正す
なかなか継続できないなぁ…
参考→「英語学習を継続するコツ
何かいい教材はないだろうか?
参考→「パソコンで瞬間英作文

と、いう具合に英語に関する事を調べたり、垂れ流しでも…テレビで英語学習番組を見たりしてください。
頭の中の思考を英語でいっぱいにしてください。


人間という生き物は、脳内にある知識と、心の中にある信念や価値観を元に考え行動し、その行動が積み重なった結果、人生が築き上げられていきますので、例え多少学習順序や、方法が間違っていても、英語に触れ続けてさえいれば、時間の経過とともに少しずつ上達には向かっていきます。

そして、頭の中を英語でいっぱいにするには、「英語学習のメリット」のページにある様に、英語学習をする事で得られるものや、「英語学習を継続するコツ」のページにある様に、英語学習を続けた先に待っている自信に満ちたかっこいい自分を想像してみる事も大事ですね。


仕事終わりに、休日に、もっと言えば仕事中であっても…とにかく英語の事ばかり考えてください。
時には英語の事を忘れて気分転換することも大事ですが…
関連
→「気分転換の仕方


2.英語に触れるための環境作り

■毎日とにかく英語に触れるためには、英語に触れるための環境を作る事が大事です。
自分が興味ある分野・内容の英語音声や英語の動画などを、iPodやiPad 等入れておいて車の運転中、電車での通勤中に見たり、聞いたりするのです。
こうしたメディアプレーヤーは、お持ちの方が多いですよね。常に肌身離さず持ち歩いている方が多いと思います。
次に紹介する様な、英語音声やコンテンツをメディアプレーヤーに入れておきましょう。

※以下に紹介する音声や映像コンテンツで話される英語を聞き取るには、かなりのリスニング力が必要になるものもあります。基礎が身についていない初心者の段階では、手をつけないほうがいいかもしれません。「へ〜、こういうものもあるんだ」くらいの認識で記憶に留めておいて下さい。

オーディオブック
オーディオブックとは、本として出版されているものを音声で読み上げて収録した音声ファイルです。「audible.com」( http://www.audible.com/ )では、1冊あたり8時間〜10時間くらいの長さのオーディオブックが販売されています。このオーディオブックにはきちんと対応する本が存在しています。オーディオブックを聴いていて、聴き取りにくい部分の英文を本で確認する事が出来ますし、本で読んだあと、音声で聴くということもできます。


講演映像
「TED: Ideas worth spreading」( http://www.ted.com/ )というサイトでは世界的に有名な専門家たちが一般聴衆向けに行った魅力的な講演映像(日本語字幕つき)が多数公開されています。高詳細な映像をダウンロードしてPC で見ることもできますが、PodCastでダウンロードし、iPod等に入れておけば、いつでもどこでも見る事ができます。また、10〜20 分程度の講演なので、短時間で楽しむことが出来ます。研究者も数多く講演しているほか、実務家や芸術家の講演/パフォーマンスもあります。




・授業映像
「iTunes U」( http://www.apple.com/education/itunes-u/ )というサイトでは、日本の大学を含め、実に様々な大学・学部の講義を見る事が出来ます。講演映像とは違って授業なので、回を重ねてじっくりと説明がなされたり、議論が深められていきます。いくつかの講義を選んで、自分なりの時間割を組めば、擬似的な留学体験ができます。一度見出すと夢中になってしまいます。(笑)


テレビ番組
NHKでは、英語学習者向けに様々なテレビ番組が放送されています。
現在放送されている番組として、英語でストーリーが展開するアニメ「リトルチャロ4」、上述したTEDでの講演映像を解説と共に堪能する「スーパープレゼンテーション」、時事的な海外のニュースを取り上げ、使われている英語表現や、ニュースの内容について解説する「ニュースで英会話」などがあります。
全て決まった時間での放送ですが、録画しておけばいつでも見る事が出来ますね。




・ラジオ音声
ラジオ音声も、英語環境を作るのに必須です。
世界中のニュースが聞けるVOAやAFNなどが代表的です。
AFN/VOAニュースフラッシュ2013年度版 (<CD>)」を購入すれば、旬のニュースがCDに60個分収録されていて(特典として、アルクのホームページからさらに20本分のニュースがダウンロード可能)一つ一つダウンロードする手間もなく、全てテキストで書き起こされていますので、しっかりしたリスニングのトレーニングが出来ます。国際情報や、経済・ビジネス、芸能やスポーツ関係等の様々なジャンルの放送が収録されています。




上記以外でも、可能であれば、英語が話せる人と知り合いになる事です。
SNSや、ツイッターを活用し、英語を使う人々とコンタクトを取ってみましょう。
その際、出来るだけ自分と同じ趣味を持つ人を見つけた方がいいでしょう。その方が内容のあるやり取りが出来ますし、関係も長続きすると思います。







終わり

たまみ:昔と違って今はインターネットがあるから、英語環境が作りやすいね。

まるひこ:そうだね。世界中のお姉さんとチャットが出来るのは素晴らしい…。


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
長期戦を覚悟する
ある程度のスケジュールを立てる
はじめが肝心
学習は孤独
自制心と孤独
集中できない人へ



注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)