英語学習を継続するコツ




たまみ:英語の勉強って、最初はやる気あるんだけどちょっとするとすぐやめちゃうよね〜。

まるひこ:そだね。僕なんか三日と続かないよ。シャーロットを想い続ける事なら、永遠に出来るんだけどね。

たまみ:永遠に・・・でも確かに好きな事ならずっと続けられるよね。続けられないって事は、好きじゃないって事だよね。英語は続けられないとマスターできないから、好きじゃなければ英語をマスターできないって事になるね。
じゃぁ、英語を喋れる人は、例外なく全員、英語が好きなのかな?

まるひこ:僕がそんな事知るわけないだろ、管理人に聞いてみなよ。

たまみ:うん、そうしてみるよ。三日はげのまるひこくん。

まるひこ:(十円はげと三日坊主が混ざってる・・・)







英語学習を継続するコツ


〜英語学習を継続するコツ〜

1.継続出来ない理由

■英語学習に限らず、ダイエット、禁煙などを継続する事が出来ない人って多いですよね。
なぜ、やると決めた事を継続するのは難しいのでしょうか?
このページでは、継続を妨げる要因を見つめ、それに対する対策を紹介していきます。

継続できない理由@真に必要に迫られていない
■英語を習得する事が求められる理由として、どんなものがあるでしょうか?

・会社で、海外への転勤を命じられた
・英語でコミュニケーションをとる部署への移動
・入社を希望する会社が、TOEIC600点程度の英語力を要求している


など、そのほとんどが仕事に関係する事だと思います。
上記の様な事を理由に英語学習をする人は、継続して英語を学習出来、どんどん英語力を高めていく人が多いようです。英語の習得が、「願望」ではなく「達するべき目標」となっているからです。

それ以外の人が英語をマスターしたいと思うのは、

・洋画を字幕なしで見れる様になりたい
・カッコイイと思われたい
・海外旅行へ一人で行けるようになりたい


などの、真に必要に迫られない、別に生きるのに絶対に必要ではない事ばかりが理由になっています。
このような理由では、英語学習を継続し続ける事は難しいようです。

このような人達は英語の学習よりも

・異性や恋人とのデート
・好きなテレビドラマを見る
・趣味


を優先するために、英語の学習時間を確保するのが難しいようです。
頭の中に、「英語」が入りこむ余地がないのですね。
関連
→「学習時間を確保せよ

継続出来ない理由そのA変化を嫌う
■現在の生活に英語を学習する習慣を取り入れるには、多少の精神的苦痛を伴います。
そのため、あなたの潜在意識が
「やめようよ、英語の学習なんて。今のままが一番いいんだよ。仕事/学校が終わって帰ってきたら、ストレス発散させるために、テレビでドラマとかスポーツ見ようよ。休日は友達や異性と遊びに行ったり、飲みに行ったりしようよ。苦労して英語の学習なんかして一体何の得があるの?」

と、あなたの生活が変化する事を拒んでくるのです。
結果、英語の学習に手をつけても少しの期間しか続ける事が出来ず、またいつもの生活に逆戻りするのです。



関連
→「はじめが肝心

継続出来ない理由そのB好きじゃないから
■好きでもない事を続けるのは、苦痛ですよね。仕事じゃないんですから。
英語が出来る(読める・聞ける・喋れる)様になりたいという人は、「英語は別に好きではない」事が多いです。
(本人は「好きだ」と思い込もうとしている人が多いですが)

出来ないのに、わからないのに「好き」とか「面白い」と思うのって難しいと思いませんか?
「出来る」から「わかる」から、面白いんですよね。面白いから「好き」なんですよね。

ある程度継続すれば、出来るように・わかるようになってきて面白いと思えるようになってくるものですが、多くの人は、そこに達するまでの段階で、挫折してしまうようです。
関連
→「まず一年半





2.英語学習を継続するコツ

@一日あたりの学習時間は少なめに
■一日に、何時間も英語学習をするのは、普通の人は結構辛いですよね。
「英語を習得してやる!」と意気込んで始めたはいいものの、いきなりはじめから飛ばしすぎてしまうと、数日間継続出来ても、段々やりたくなくなってしまうものです。



これを防止するため、最初のうちはほんの少しだけの時間を英語学習にあてましょう。10分でも20分でもいいです。

「継続する事を習慣化する事が大事だ!習慣化できるようになったら少しずつ時間を増やしていけばいい」と自分に言い聞かせ、「あともう少しやりたいな」と思っても、早めに切り上げます。

A負担を減らす
■学習の負担を減らす事も大事です。つまりは、自分のレベルに合った教材を選び学習をする事です。

例えばリスニングでいえば、いきなり英語のニュースやラジオなどのレベルの高い教材を使用すると負担が重過ぎて長続きしないので、中学生向けのリスニング素材を使ったりして負担を軽くします。
関連
→「間違った英語学習

またボキャビルで言えば、例文1つ覚えるだけで複数の単語が覚えられる「DUO 3.0」の様な教材を使用することも、負担を減らす事に役立ちます。

「DUO 3.0」は、日本語で例文が読まれた後に英語が読まれるという構成なので、机に向かわなくても学習出来る事も、学習者の負担を減らすのにいいと思います。(ただし、テキストで単語の意味の確認はした方がいい)




B出来るようになった自分をイメージする
■好きでもない事を、継続するためにはそれを継続し続けた先にまっている「出来る様になったカッコイイ自分」を想像する事も大事です。

ギターなどでもそうですが、はじめは上手くひけませんよね。それでも挫折せず、ひけるようになっていく人は、「かっこよくギターを弾いてる自分」を強くイメージしています。自分のあこがれるギタリストに、自らの姿を重ねているのです。

「英語をかっこよく喋っている自分」を強くイメージしましょう。
好きな海外の映画俳優やミュージシャンなどがいれば、その人と将来の自分の姿を重ねてみましょう。



関連
→「英語はパフォーマンスの一種?

C「飽き」、「伸びを感じない時期」は来るものだとはじめに認識しておく
■英語学習は、特にはじめのうちは、退屈で単調なトレーニングばかりしなければなりません。
意気込んで学習を始めたはいいのですが、少し経つと段々飽きてきます。ここで大半の人は英語学習を放り出してしまうようです。ここが英語学習の第一関門です。
「飽きは必ず来る」と認識した上で、英語学習に臨みましょう。

また、第一関門を越えた人に次にやってくるのが、「伸びを感じない時期」です。

実際には、伸びを感じないだけで、英語力はトレーニングをしている限り必ず少しずつ上昇しているのですが、ここで学習をやめてしまう人もいるようです。

学習をしていて、「最近、伸びを感じないな」と感じたらそれは正常な事で必ず通るべき道なのです。
はじめから、それを理解しておきましょう。そこで学習をやめるのは、あまりにもったいないです。




D少し学習から離れてみる
■毎日継続して出来る事は、素晴らしい事ですが、時には英語の事を忘れてリフレッシュする事も大事です。

学習を継続する事でたまる精神的ストレスには注意しましょう。それが原因で学習を投げ出す人もいます。
またストレスが溜まると、吸収率も悪くなってしまいます。
関連
→「学習は孤独

週に一日は、学習を全くしない日を作りましょう。そして数ヶ月に一回は、丸々1週間程度休息をとりましょう。
その後、すっきりした頭で再び英語学習に臨めばいいのですから。
関連
→「気分転換の仕方



3.必須の要件

■継続して学習する体質は、英語を学ぶ人に必須の要件です。
どんなに優秀な教材を使用しても…本人にそれを受け入れる準備が出来ていなければ、英語力は思うように向上していかない事でしょう。

例え「英語真っすぐリーディング講座」を受講しても、いつまでも正しい読みは身に付かない事でしょう。
例え「YouCanSpeak」を取り組んでも、いつまでも瞬間英作文は出来ない事でしょう。
例え「ボキャビルマラソン」を始めても、ほんの少しの語彙しか身に付かない事でしょう。

それほど、継続して学習する体質を作る事は重要です。
「英語を習得できるか否か?」はここで決まると言っても過言ではなさそうです。








終わり

たまみ:毎日続けるのって、ほんと難しいよね。人間は気分に波があるから、計画通り進まない事が多いよね。

まるひこ:僕はシャーロットを、つきまと・・・想い続ける事なら努力しなくても出来るんだけどなぁ。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
長期戦を覚悟する
ある程度のスケジュールを立てる
はじめが肝心
学習は孤独
自制心と孤独
集中できない人へ


注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)