音読の効果



たまみ
:英語を勉強をするときって、音読が大事って言われるけど、何でそんなに大事なんだろうね?

まるひこ:さぁね~音読する事で一体どんな効果があるんだろうね。

たまみちっ、使えねぇ…管理人シバいて教えてもらいに行こうか。

まるひこ:人はそれを恐喝と言います…あ、あと今何かボソッと言わなかった…?








音読の効果


1.英語学習の柱

■音読は、英語において非常に重要です。瞬間英作文と並び、英語力を大きく大きくアップさせるものです。

と、言われても何だか抽象的ですよね。
音読をする事で、何がどのようになって英語力が上がるのでしょうか?
何も知らずに音読するより、きちんと上達理論を知っておいた方が、「こんな事やってて本当に英語が上達するのか?」と不安になって、学習を挫折せずに済みそうですよね。


というわけでこのページでは、音読をする事で、学習者の身に起こる変化を挙げていきたいと思います。

2.音読の効果

■一般的に、音読をする事で以下の3つの項目のような変化が学習者の身に起こるようです。

①英文を聴いて体感覚で瞬間的に解かるようになる

■我々は、日本語を聴くとき、相手が話した事をいちいち頭の中で反芻せずに、体感覚で瞬間的に理解出来ますよね。

我々は、幼い頃から、何度も何度も、意味のわかる日本語の文を音読(口に出)してきました。そのため、あらゆる構造の文が、体に染み込んでおり、聴いても瞬間的に理解出来るようになっています。

ところが、英語となるとそうはいきません。
これは、日本語と比べ、圧倒的に音読の量が不足しているからです。
例え文法を学び、「英語真っすぐリーディング講座」などで、正確な文の読み方を学んでも、音読の量が不足していると、日本語のように、英語を体感覚で聴き取り、理解するのは難しいようです。

意味・構造のわかる英文を、イメージをしっかり浮かべながら、繰り返し音読する事で、相手の言った事を、瞬間的に体感覚で理解出来るようになります。
一言で言えば、「英語を英語のまま、直接受け入れる体質が出来る」事が音読の大きな効果の一つであるようです。


この効果を知らず、音読を軽視してしまう方は意外と多いようですね。

②発音が鍛えられる

■音読を繰り返す事で、発音が鍛えられます。
英語は、日本語と発音の仕方が違うため、「ネイティブスピーク」などで正しい発音の仕方を学んでから、音読でそれを繰り返し実践する必要があります。

正しい発音の仕方を知っているだけでは、ゆっくりとした発音が出来るだけで、流れるように英文を読む事は出来ません。

例えば、初心者の方が発音しにくい「f」や「v」などで言えば、
「face」「view」の様に、短い単語であれば、初心者でも問題なく発音出来ると思いますが、これが組み合わされた「favorable」などは、何度も音読しないと中々発音出来ませんし、さらに「I hope for a favorable reply from him.」のような完成された長い文となると、詰まり詰まりで読む事になってしまいそうです。

また、発音が鍛えられる事で、相手に言いたい内容を正しく伝える事が出来るようになります。
発音がしっかりしていないと、rice「米」と伝えるつもりが、lice「シラミ」と伝わってしまうような事にもなりかねません。


同様に、相手の言っている事を正しく聴き取るためにも、音読により発音を鍛える事は重要です。
参考
→「発音の重要性

③口から出す事が出来る言葉が増える

■実際、繰り返し口にした事がない言葉というのは、いざ喋ろうと思っても、中々口から出てくるものではありません。

YouCanSpeak」など瞬間英作文のトレーニングで、文を素早く作れるようになっても、それを音読を繰り返す事により、体に馴染ませなければ、いざ口にしたいとき、中々出てこないのです。

このため、瞬間英作文をする際は、それを意識して、答えを確認したあと、その文を5回程度、余裕があれば10回程度音読すると、真に瞬間的に口から出てくる言葉として定着します。

音読の量は、そのまま、会話力に比例すると言っても過言ではないようです。

3.音読はどうしても退屈

■音読を重ねる事で、得られるものは非常に大きいのですが、短期間ではその効果を十分に得られるものではなく、効果を体感出来ないうちは「こんな事やってて本当に英語力が上がるのか?」と不安になってしまう方が多いようです。

また、数あるトレーニングの中でも、音読は最も刺激が少なく、ただただ英文をひたすら口に出すという事に、どうしても退屈さを感じてしまう方が多いようです。


このような、音読に伴う退屈さは、「30日間英語脳育成プログラム」のようなパソコンで取り組める音読用教材を利用する事で軽減できそうです。(30日間と謳っていますが、とらわれることなく自分のペースで進めていきましょう。)

画面が「パッ、パッ」と切り替わる事で、視覚的な刺激が得られるため、通常の書籍を利用して行うよりも、退屈さが軽減されるようです。

また、「音読のやり方」のページにあるように、初心者~中級者は、音読とリスニングを組み合わせた「音読パッケージ」でトレーニングを進めていくと効果的なのですが、

音読パッケージは、かなり手順が多く(先行リスニング→聞き解き→テキストを見ないリピーティング→音読→テキストを見ずにリピーティング→シャドーイング)、これらを全部自力でやろうとすると、テキストを見たり伏せたり音楽プレーヤーの再生ボタンを押したり…非常に煩雑で、

「よし、先行リスニング終わり!次は聞き解きだ。」
 ↓
「よし、聞き解き終わったぞ。次はテキストを見ずにリピーティングだ…」
 ↓
「テキストを見ずにリピーティング終わり…次は音読15回だ…」
 ↓
「お、音読15回終わり…次は…あぁ~もう無理。」


といった感じに最後まで出来ない事も多く、途中でトレーニングをやめてしまう事になりかねません。

しかし、「30日間英語脳育成プログラム」は、下の写真のように、「Next」「Back」のボタンを押すだけで次のステップに進む事が出来るため、書籍を見たり伏せたり、音楽プレーヤーの再生ボタンを押したり…という手間が省けます。全てパソコン一つで出来てしまうんですね。


現代人はパソコンとの親和性が高いため、書籍よりもこういったパソコン上で取り組める教材を利用しながら学習すると、学習を継続出来る事に繋がっていきそうです。

家に帰ったらテレビよりもパソコンの電源をつける…という方が、現代ではかなり多いのではないかと思います。
書籍だと、手にするまでに結構気合いを入れないといけなかったりしますよね。パソコンであれば、アプリケーションをクリックするだけで良いので、気軽に学習に取り組めるのが大きなメリットですね。

現代は、以前よりも遥かに英語を習得しやすい環境が整っているようです。
参考
→「現代は英語を学ぶには最適の時代





終わり

たまみ:音読の効果ってすごいんだねぇ。

まるひこ:うん、英語を習得していく人は例外なく音読を欠かしてないみたいだね。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事




注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)