連音について



たまみ
:連音が出来るようになると、グッと英語らしく発音できるようになるよねぇ。

まるひこ:うん。単語一語だけを会話で話す事って、あんまりないからね。避けては通れないよね。

たまみ:まるひこ君は、今の今まで避けて通ってるじゃん。もう勉強したみたいに言わないで。

まるひこ:ふぐっ…き、今日は管理人が連音について教えてくれるみたいだから聞きに行こうか…







連音について


~連音について~

1.連音は超頻出


■英語において、単語は実際に会話中で発音されると単語同士の音がつながり、単語一語のみの発音とは別の音声になります。

例えば、「get in」というフレーズであれば、「ゲット イン」ではなく、「ゲリン」になります。これは、「get」の子音「t」と、「in」の母音「i」の音が繋がり「ti」となることによるものです。また「ti」の音は「ティ」ではなく「リ」に聞こえます。

また、「take care」というフレーズがあれば、「テイク ケア」ではなく、「テイケア」となります。これは、「take」の子音「k」と「care」の子音「k」という二つの同じ音が続くことで、
どこからが、「take」の「k」で、どこからが「care」の「k」なのかがわからないため、本来ならば二つあるはずの「k」の発音がまるで一つの「k」であるかのように聞こえてしまう事が原因です。

このように、英語には単語同士の音が繋がる事により様々に音が変化しますが、これを総称して「連音」と呼びます。

「連音」は会話において超頻出で…我々日本人が英語のリスニングに苦しむ原因の一つです。
一つ一つの単語の発音を学んでも、実際に会話中で発音されると全く別の単語に聞こえたり、何を言っているかわからないという事になるからです。


そして、「発音の重要性」のページにある通り、発音出来ない音は正しく聞き取れないため、英語を正確に聞き取ろうと思ったら、必然的にこの「連音」をマスターしないといけないことになりますが、連音の組み合わせは膨大にあり…全てを覚えきることなど不可能です。

しかし、連音にはいくつかのパターンがあり、そのパターンさえ覚えてしまえば、リスニングトレーニング等で聞き取れない部分に出会っても、「なぜそのような音になるのか」がすぐに理解できるため、非常に学習がスムーズになります。

このページでは、いくつかある連音のパターンを紹介します。

2.連音のパターン

①音の連結
■子音で終わる単語に母音で始まる単語が続くと、前の子音と後の母音がちょうどローマ字の「子音+母音」のように結びついた音となって聞こえることがあります。これは、子音で終わる単語に半母音「j」で始まる単語が続いても起こる現象です。

・例
「an apple」→「アナッポー」
「pic
k up」→「ピ
カップ」
「ge
t in」→「ゲン」
「no
t at all」→「ナラロォ」
「Di
d you」→「ディジュー」



②音の脱落
■性質の似た子音が連続して発音されるとき、片方の子音が脱落してしまうことがあります。一語一語ゆっくり発音しているときには起こりませんが、会話など非常に早いスピードで発音されるときに起こる現象です。
「want to→ワントゥー」など、二回に分けて発音すると、発音しにくい子音の並びになっているときにこの現象は起こりやすいです。

・例
「want to」→「ワンゥー」
「get to」→「ゲッ
ゥー」
「take care」→「テイ
ア」
「red dress」→「レッ
レス」
「with that」→「ウィ
ッ」
「sa
me man」→「セイン」




③音の同化
■並び合う音同士が互いに影響を及ぼして、いずれか片方(あるいは両方)の音の質が変化してしまう現象です。

・例
「of course」→「オコース」
「ha
ve to」→「ハトゥ」
「ha
s to」→「ハトゥ」
「used to」→「ユース
ゥ」




3.連音は数え上げたらキリがない

■上で紹介したものは代表的な連音のパターンですが、実際は数え切れないほどの組み合わせがあり、その全てを一覧で挙げれば、それこそ広辞苑ほどの太さのページ数になってしまいそうです。

完璧主義にならない」のページに書いたとおり、あまり深みに入りこまないようにしましょう。完璧主義になるのは、学習を挫折する要因にもなりますし、学習効率も悪くなります。

連音に関しては、上記の様な頻出するパターンのみ初めに覚え、後はリスニングや、音読トレーニングで様々な連音に出会いながらそれを覚える…というスタンスがいいでしょう。

初めに上記の様な頻出のパターンがあることさえ覚えていれば、リスニングで「ん?Did youはディド ユーじゃなくて音が連結してディジューってなるんだったな。」という具合にスッと頭に入りやすいです。

頻出する連音のパターンが動画で学べる「ネイティブスピーク」というDVD教材もあるので、書籍で学ぶのは苦手な方はそちらを利用してみるのも手だと思います。
もちろん、子音、母音一つ一つの発音も丁寧に学ぶことが出来るので、私としては、英語学習はじめに必ず取り組んでいただきたい教材です。
ネイティブスピークに関する記事
→「発音は動画で学ぼう






終わり

たまみ:連音がかっこよく発音できると、英語が出来る人って感じするよね。

まるひこ:そうだね、連音が出来るようになればシャーロットも僕の事を…




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
カタカナ発音が出来なくなる
音読の効果
音読は負担が大きい
音読のコツ
発音を矯正するには




注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)