リスニングとは?




たまみ:リスニングって、難しいよねぇ。英語学習で一番苦手だよ〜。

まるひこ:うん、難しい。でもシャーロットの婿になるには何としてでも聞けるようにならなきゃ。

たまみ:まぁ聞けただけじゃ無理だよね。喋れるようにもならないといけないし。そもそも英語マスターすればシャーロットの婿になれるわけじゃないしね。そこに気づかなきゃ。

まるひこ:や、やめてくれよ!ぼ、ぼくの英語学習のモチベーションがなくなってしまうじゃないか!







リスニングとは?


〜リスニングとは?〜

1.リスニングとは?

■リスニングとは、英語を集中して聴き、話された英語の構造・意味を理解し頭でイメージ化することを言います。

「ただ聞き流すだけ」のヒアリングとは、まったくの別物です。
乱暴に言ってしまうと、音声のみで英語を読む事です。音声は一瞬で消え去ってしますので、文字を読むリーディングより難しいです。


2.リスニングの効果

■リスニングトレーニングを行う事で、以下の様な効果が得られます。

@聞こえる音と実際の英語の一致
■知っている、聞こえると思っていた単語でも、実際に文中で話されると小さく、短く発音されていたり、また全然違う単語に聞こえたりする事があります。

私なんかは「methane」が「machine」に聞こえたり(アクセントの位置が全然違うのに)、「relatively」が「lowtively」なんていうありもしない単語に聞こえてしまったりした事がありました。そういった部分を浮上させて、テキストを見ては「こういっていたのか」という作業を繰り返す事で、聞こえる音と実際の英語を一致させます。



A音の連結や消失がわかるようになる
■文中では、単語同士がつながる事で、単語を個別で聞く時とは別の音になったりします。「and I was」は「アンドアイワズ」ではなく「エナィワズ」となったり、「but he also」は「バットヒーオールソー」ではなく「バティオウソ」となったりします。「sit down」は「スィットダウン」ではなく「スィッダン」となったりします。同時にカタカナ英語からの脱却も出来ます。

関連

→「連音について



B英語を英語のまま、受け入れる体質が出来る(イメージを結ぶ速度の上昇)
■音声は一瞬で消え去ってしまうので、返り聴きをしている時間はありません。聞こえてきた英語を、適当なところで即座にイメージ化していかなければなりません。イメージ化する速度が遅いと、次々と話される英語にイメージ化が追いつきません。リスニングにより、このイメージ化する速度を上昇させる事が出来ます。(多読もイメージ化する速度を上昇させるトレーニングの一つと言えます)

関連
→「返り読みするクセを正す
→「聞こえた順に理解する






3.ヒアリングとは違う

■冒頭でも述べた様に、リスニングと、ヒアリングは違います。
ヒアリングは「ただ聞き流す」だけであり、文構造や意味を理解する事に焦点を当てたものではありません。

しかし、ヒアリングをする事には全く効果がないかと言えばそうでもなく、初心者にとっては文構造や意味が理解できずとも、英語の音に触れる事は重要だそうです。そうする事で、英語のリズムに慣れる事が出来るからです。

また、非常に高いレベルの人にとっても効果があるそうです。レベルの高い人は、何を聞いてもある程度理解でき、集中しなくても聞こえる英語がイメージ化できるためです。









終わり

たまみ:聞き流すだけじゃダメなんだねぇ。これ絶対勘違いしてる人多そう。

まるひこ:僕は、きれいな外人のお姉さんの話なら、集中して聞けるよ。聞き流すなんて出来ないよ。


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)