英語が読めない人へ



たまみ
:ふぃ~…

まるひこ:ん?どうしたんだいたまみちゃん。ため息ついて。

たまみ:まるひこくんは英語の前に空気を読めるようになった方がいいよね。

まるひこ:いいなり何言い出したのこの人!?今の会話のどこからそういう流れに!?







英語が読めない人へ


~英語が読めない人へ~

1.最初の関門

■「英語が読めない…」と悩む方は多いですよね。
管理人も昔は全く英語が読めず、英語を見るのが苦痛でした。

なぜ、英語が読めないのでしょうか?このページでは、その原因を見つめ、それぞれに対策を考えていきたいと思います。

①文法が理解出来ていない
■文法が理解出来ていないと、正しく英語を読む事が出来ません。
当サイトの至るところで述べさせていただいていますが、文法表現には、それぞれに固有のイメージがあり、そのイメージを覚えなければ、スタート地点にもつけません。

例えば、現在進行形であれば…

参考
→「現在進行形

例えば、現在完了(完了・結果)であれば…

参考
→「現在完了(完了・結果)

英語では、これらのイメージと、単語固有のイメージをかけ合わせ、一つのイメージが完成します。

つまり、単語だけでなく、これらのイメージを覚える事が必須になります。
英語が読めないという方は、まずここから、おろそかになっている事が多いです。
イメージ 英文法」の章に、一通り目を通していただいて、各文法表現のもつイメージをマスターしていきましょう。

それから、英語は、日本語とは語順が違います。

日本語では、基本的に、
「彼はテニスをします」
のように、
「主語(だれが)+目的語(なにを)+動詞(する)」
という語順になりますが、英語では、

「He(彼が) plays(します) tennis(テニスを).」
と言った具合に、
「主語(だれが)+動詞(する)+目的語(なにを)」
という語順になります。
関連
→「聴こえた順に理解する

こういった、英語特有のルールも身に付けなければ、英語は読めません。
文法の学習には、このようなルールを学ぶ事も含まれます。

これに関しては、下記に紹介する「英語真っすぐリーディング講座」で、文章を読むためのテクニックと同時に学べますので、「イメージ 英文法」の章を見ていただいた後は、すぐそちらに移行して構わないと思います。

②文章を読むためのテクニックを知らない
■英語の文章を読むには、文法以外にも、読むためのテクニックが必要になります。

例えば、文章を読むための基本的なテクニックとして、
「S(主語)を探す→V(動詞)を探す→Vから文型を推測→その推測に従ってO(目的語)やC(補語)を探す」
「前置詞が来たら、次に名詞を探す」
「副詞句は( )に入れて、主文の文構造を解析に集中する」

などがあります。


これらのテクニックを身に着けて、瞬間的に肌感覚で使えるようにならなければ、いつまでも英語は正しく読めず、返り読みをしたり、詰まったり、間違った解釈をするハメになってしまいます。
関連
→「返り読みするクセを正す

③単語を知らない
■単純に単語を知らないとき、それはただの文字列にしか見えず、何のイメージも湧いてきません。結果「読めない」という事になります。
これに関してはどうしようもないのですが、文構造から単語の意味を何となく推測したり、単語のスペルから品詞を判断したりするなど、「知らない単語が出て来た時の対処法」を学ぶ事である程度対応する事は出来るようです。
参考
→「文構造から単語の意味を推測する

しかし、やはりボキャビルにより、しっかりと単語の意味を学び、知っている単語数を増やしていく事が一番確実な方法です。

2.英語が読めないと…

■英語が読めないと、音読や瞬間英作文、リスニングなどそれ以外の学習からの効果が得られない事になりそうです。

音読では、文構造や意味がわかる英文…すなわちイメージを頭に浮かべる事が出来る英文を、声に出して読まなければ意味がありません。

また、文法が理解出来ず英語が読めないという場合、瞬間英作文で、文を作ろうにも、どの語順で単語を口に出せばいいか分からず、文が作れません。

さらに、リスニングは、乱暴に言うと、耳で英文を読む事なので、英語が読めなければ、当然リスニングは出来るようにはなりません。
参考
→「リスニングが出来ない理由

3.早期解決を

■上記のように、英語が読めない事で、もたらされる被害は甚大であるため、早いうちに、精読(正確な読み)をマスターしなければなりません。

そのためにはまず、文法を身に付け…その後「英語真っすぐリーディング講座」などで、英語を読むためのテクニックを身に付ける必要があります。

管理人の体験からすると、現在書店などに並んでいる市販の教材は、解説が非常にタンパクで、目線が英語が出来ない人に合わせられていないものが多いように思います。

その点、英語真っすぐリーディング講座は、先生自身が英語が苦手だった過去をお持ちなので、英語が出来ない人に目線が合せられていて、解説もわかりやすく、しつこいくらい丁寧だと感じました。

参考
→「英語真っすぐリーディング講座体験談④

問題数も豊富で、テクニックの定着率も非常にいいと感じました。
これ一つあれば、他のリーディング用教材は必要ないと思うくらい内容も充実していました。

こういった優秀な教材に出会えるかどうかが、英語学習のカギを握っていそうですね。とくにリーディングに関しては、教材の「質」が非常に重要になってくると思います。

4.英語が読めるだけでも…

■最終的に英会話が出来るようになりたい方にとっては、英語が読めるようになる事は単なる通過点の一つに過ぎないかもしれません。

確かに、英会話が出来るようになるためには、英語が読めるようになった後、音読やリスニング、瞬間英作文やボキャビルなど、まだまだ学習、トレーニングをたくさんやらなければなりません。

しかし、英語が読めるというだけで得することが実は結構あります。
参考
→「リーディングが出来ると…

最悪、その後のトレーニングを続けるのが辛くなって挫折しても、一生の財産として残りますから、「最終的には英会話が出来なかった…学習に取り組んだ時間が無駄になった…」と嘆く必要はなさそうですね。






終わり

たまみ:管理人は特に仕事上、英語に触れる事が多いからずいぶん楽になったみたいだねぇ。

まるひこ:僕は英語が読めるようになって、金髪お姉さんの書いたブログを読み漁りたいなぁ…。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


勘で読んでしまう人へ




注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)