当サイトの真の目的




たまみ:う〜ん…

まるひこ:どうしたのたまみちゃん?珍しく悩んでるじゃないか。何かあったの?

たまみ:(ムカッ)せいっ!(ボカッ)

まるひこ:イタっ!ご、ごめんなさい…失礼しました…。

たまみ:いや、こないだね、管理人がサイトを作った真の目的を教えてくれたんだけど…意外に真面目な所もあるんだなと思ってさ。

まるひこ:またなんかカッコつけて…どうせたいしたことない目的でしょ。つまらない自己顕示欲を満たしたいだけだろ。

たまみ:う〜ん、どうもそれだけじゃないみたいだよ。

まるひこ:って事はそれもあるんだね…







当サイトの真の目的


〜当サイトの真の目的〜

■少し大袈裟な話になりそうですが…
私が当サイト「イメージ 英語」を立ち上げたのには、ある目的がありました。

それは皆さんに「生きていく自信」を獲得してもらう事です。

世の中には、きっと以前の私と同じ様に「私は何をやってもダメな人間だ」とか「俺になんかどうせ出来るはずない」と言った自己否定の感情を持った人が数多くいると思います。

何か新しい事を始めては長続きせず、結局止めてしまい、その度「ああ、やっぱり私には無理だった」と、自尊心を傷つけてしまう。
中途半端に止めてしまったため、何も積みあがらない。

私も、以前は何を始めても長続きしない人間だったのですが、ある時「このままでは、何一つ、自分に自信が持てない。何か一つ、自分の武器と呼べるものが欲しい」と思い、英語学習を始め、その後数年間今に至るまでずっと学習を続ける事が出来ています。

すると、私の中である変化が起きました。今までの「私は何をやってもダメな人間だ」という自己否定の感情がなくなり、「やれば何でも出来る」という自信がついてきたのです。

学習し始めの頃は、「目的なく、こんな事やってて一体何になるんだ」とか「どうせ出来るわけないから止めとけ」と言った潜在意識が心のどこかにありましたが、それでもガムシャラに、何かに取り憑かれたように、仕事終わりに、休日にどこへも行かず、ひたすら英語学習を続けた結果、「何だ、意外に簡単じゃないか」「今までは、英語なんて絶対無理だとか思ってたけど分かる様になれば簡単なんだなぁ」と思えるくらいになりました。
関連
→「英語を習得する準備が出来ている人

そして、【正しい学習方法を知って、「YouCanSpeak」「ボキャビルマラソン」「英語真っ直ぐリーディング講座」などのような良質な教材に出会いながら…しっかり時間さえ投資すれば、英語に限らず、何でも出来る】という確固たる自信がついたのでした。

そうなってからは、仕事において何か新しい事をやる際にも不思議と「こんなもの簡単だ」と思えるようになったのです。嫌で嫌で仕方がなかった仕事が、ほんの少しですが…好きになっている自分がいました。

「努力すれば、幸せになれる」という事を押し付けるわけではありませんが、私個人としてはそれは間違いではないと思っています。

現代社会は…モノにあふれていて、誘惑がたくさんあります。
加えて、周りからは「○○へ旅行へ行ってきた、有名な○○店でおいしい○○を食べてきた、趣味の釣りで○○を釣り上げた、彼氏/彼女とデートに行ってきた」など今を楽しんでいる人たちの話が耳に入ってきます。

そういった人たちを横目に、自分は自分で、淡々とコツコツと英語学習をするのは、かなりの自制心が要求されますが、これを乗り越えなければ、「自分は何をやっても長続きしないダメな人間だ」という自己否定の感情を、心のどこかに抱いたまま生きなければなりません。
関連
→「学習時間を確保せよ

ただ、「何をやってもダメな人間だ」と自己否定をする人は、自分に厳しいのです。頑張ればもっと出来るはずだ、という思いがあるからこそそれを出来ない自分を情けなく感じてしまうのです。
私は、そういった人は、結局、年齢を重ねるにしたがい、長続きできる何かを見つけ、自信を身に着けていくのではないかと思います。

そういった人は、本やインターネットで自己啓発系の本やサイトを見たりして、目標を達成するマインドや、物事を長続きさせる方法を少しずつ身につけて、自制心を鍛えていき、最終的には「物事を長続きした先に見える世界」を経験するのではないかと思います。
関連
→「精神的豊かさを感じる方法

それは、「生きていく自信」にそのまま繋がっていきます。
自尊心が満たされないまま生きていく事は…ずっと自己嫌悪の感情を抱いたまま生きる事は、辛いものです。次々に課される仕事をこなしていく自信も持てず、結果、「生きていく自信がない」と不安に苛まれることになりそうです。
これは、いずれ何とかしてでも脱してもらいたいのです。

私は、皆さんが、それを脱する瞬間のお手伝いがしたい。
皆様がそれを身につける瞬間に立会いたい。
私はいい年をして


の様なイラストを描いている様な人間ですが、真面目に皆様に「物事を長続きした先に見える世界」を経験してほしいのです。

上の様なイラストを書いている様な私でも、「生きていく自信」を獲得する事が出来ました。きっと皆様にも出来ます。
皆様が当サイト「イメージ 英語」を見ることで、少しでもそれのお手伝いが出来ればいいと考えています。
それをモチベーションに、日々、非常に稚拙な文章ですが…記事を追加していきたいと思います。
心の底から皆様を応援いたします。








終わり

たまみ:…ね?

まるひこ:い、意外に真面目だったね…


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
気分転換の仕方
学習記録を残そう
英語を習得する準備が出来ている人
英語学習と年齢について
精神的豊かさを感じる方法

子供に英語を習わせるなら
これだけは短期集中で片づける
心配事があるとはかどらない
夢が叶わなくても
時間がありすぎるのは良くない


注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)