英語が読めるようになるには何年かかる?



たまみ
:ふぅ~…管理人が「リーディング(精読)だけはとにかく一番初めにマスターしな」って言ってたから、今頑張ってるんだけど、どのくらい勉強すればマスター出来るのかな~。

まるひこ:あぁ、集中すれば比較的短期間で終わるよ。

たまみ:そうなの?まるひこ君もうマスターしちゃったの?

まるひこ:うん。○○な本のリーディングはね。英語の方のリーディングはさっぱりさ。ははは。

たまみ
:ダメだこいつ…







英語が読めるようになるには何年かかる?


1.比較的短期間でOK

■当サイトでは、「英語を習得するなら、まず英語が読めるようになる事」を推奨していますが、英語が読めるようになるには、どれほどの時間がかかるのでしょうか?

英語をゆっくりとでも、正確に読めるようになった後にはまだ音読、瞬間英作文、リスニング、多読、ボキャビルなど多くの学習が待ち構えています。
そのため、リーディング(精読)を習得するのにあまり長い時間がかかりすぎると、挫折してしまう方も出てきてしまうようです。


2.一年程度

■管理人の場合、1年程度だったでしょうか?
英語真っすぐリーディング講座」を3サイクル程度取り組み終えたころには、正確なリーディング力が身に付いていたと思います。

非常にゆっくりとした読みですが、文構造の分析が正確に出来、返り読みする事もなくなりました。(文構造上、返り読みをしないと読めない文も存在します。
参考→「予測しながら読む」)
それ以降、独立した精読の学習はしていません。

英語真っすぐリーディング講座では、知らない単語が出て来た時の対処法も学べるため、専門書などのよほどの難文でない限り「単語が分からないから文が読めない」という事もほぼなくなりました。

英語を読むスピードは、多読により鍛えていきますので、精読の段階ではあまりスピードを意識しなくても構いません。
その代わり、勘で読んだり、返り読みをしてしまう…というクセは、必ず正しておきましょう。
参考
→「返り読みするクセを正す


3.その前に文法の学習を

■精読の学習に入る前には、文法の学習をしなければなりません。
当然ですが、正確な読みが出来るようになるには、文法の知識が不可欠になってくるからです。


まずは2ヶ月程度、文法の学習に時間を充てましょう。
参考
→「まずは薄く理解する

文法の学習を終えたら、レベル1の瞬間英作文のトレーニングに入り、文法を体に定着させます。この状態で精読に移行すると、非常にスムーズに学習が進みます。
レベル1の瞬間英作文だけなら、それほど時間を要しません。私の場合、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 」を10サイクル、3ヶ月程度で終えたと思います。

総合すると、英語がゆっくりとでも正確に読めるようになるには、
1年程度はかかるようです。

4.人によって学習に充てられる時間が違う

■とくに、社会人の方ですと、学習時間を確保するのが難しく、一日に充てられる時間は少なくなってきそうです。結婚されて、お子様もいらっしゃる方ですと、さらに時間を確保するのが難しそうですね。
参考
→「学習時間を確保せよ

スキマ時間を利用して出来るボキャビルと違い、精読や文法、瞬間英作文は、机に向かって学習しなければならないため、ある程度まとまった時間を確保しなければなりません。

一日30分しか確保できない方ですと、上記で示したよりも、もっと多くの期間が必要となるかもしれません。

管理人の場合は、精読用の学習に毎日1時間程度充てていました。このくらいなら、何とか確保できるという方は多そうですよね。

(管理人は、さらに音読、リスニングを並行して行っていたため、仕事終わりは寝る前までずっと勉強していました。また、休日にはさらに多くの時間を英語学習にあてていました。さながら、半分病気のような状態でした。ストレスをためすぎると、挫折してしまう要因にもなりますし、本業の仕事に支障を来たす事になりかねません。皆さんはあまり管理人の真似はしないで下さいね。
参考
→「英語を習得する準備が出来ている人
→「気分転換の仕方」)

自身の体験から、英語が読めるようになると、学習効率がグンと上がります。
また、読めるようになるだけで得する事もたくさんあります。
参考
→「リーディングが出来ると…

英語が読めるようになると、それだけでも自信がついて、その後の学習も継続しやすくなるようです。
この第一関門を越えられるかどうかが、英語習得のカギとなりそうですね。

参考
→「英語習得のカギはリーディングにあり






終わり

たまみ:一年くらいなら何とか頑張れそうだね。

まるひこ:読めるようになるだけで一年も…僕には無理かもしれない。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


勘で読んでしまう人へ



注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)