英会話習得のカギはリーディングにあり



たまみ
:…S…V…that以下O…

まるひこ:お、たまみちゃん。精読(リーディング)のトレーニングに励んでるね。関心関心。

たまみ:うん。こないだ管理人が、「英語習得したいなら、リーディングを極めることだね」って言ってたからね。偉そうで少しムカついたけど、話聴いてたら確かにその通りだなって思って素直にやってんの。

まるひこ:そうなんだ。管理人どんな事言ってたの?

たまみ
:それがね…







英会話習得のカギはリーディングにあり


1.リーディングは英語力の要

■当サイトのいたるところで述べさせていただいていますが、英語を習得出来るかどうかは、リーディングを極められるかどうかにかかっている…と言っても過言ではなさそうです。

リーディング以外の英語学習として、英文法、音読、リスニング、瞬間英作文、ボキャビルがありますが、このうち、英文法以外の学習は、リーディングが出来ないと学習効率が悪くなってしまうものばかりです。(英文法は、リーディングよりも先にやるべき学習です)

参考
→「英語学習の順序

①音読
■音読は、文字通り、テキストを声に出して読む学習ですが、このとき、しっかりと文章の文構造と意味を理解し、イメージが出来ていなければなりません。文構造が理解出来ない文章をいくら音読しても、十分な効果が得られないようです。すなわち、「英語を英語のまま受け入れる体質」は得られません。
参考
→「音読のやり方

「英語を英語のまま受け入れる体質」とは、英語を見たとき、聴いたとき、日本語に変換する事なく、そのままイメージを頭に浮かべられる状態の事です。

文構造を理解、イメージが出来る文を繰り返し口にする事で、文構造の認識スピードが劇的に高まります。発音が鍛えられる事も大きいですが、メインはこちらになります。

「文構造を理解し、イメージする=リーディング」ですから、リーディングが出来ないと、いくら音読を繰り返しても無駄に終わってしまうようです。

音読は、軽視されがちですが、英語学習において欠かせない非常に大事なトレーニングです。

②リスニング
■リスニングは、英語の音声を聴き、頭にイメージをする学習ですが、乱暴に言うと「耳で英文を読む事」ですから、まずもってリーディングが出来ないと、リスニングは出来ないという事になります。リスニングが出来なければ、相手の言う事が分からないという事ですから、英会話は出来ません。
関連
→「リスニングが出来ない理由

リーディングの場合、紙の上にある文字を読むわけですから、返り読みが出来てしまいます。
しかし、リスニングの場合、音は一瞬で消え、その場に残るわけではありませんから、返り聞きする事が出来ません。

つまり、返り読みをしてしまうリーディング力では門前払いというわけです。

個人的にはリスニングは、英語学習の中で最も難易度が高く、最も上達に長い時間を必要とするトレーニングだと感じています。
参考
→「長期戦を覚悟する

それだけに、正しい方法でトレーニングを実践していかなければ、いつまでもリスニング力は上達せず、英語学習を挫折する事になってしまいかねません。

③瞬間英作文
■瞬間英作文は、与えられた日本語の文を、瞬時に英語に変換し、口に出すトレーニングになります。
参考
→「瞬間英作文のやり方

一見、リーディングは関係ないように思えますが、正しい構造の英文を素早く口に出そうと思ったら、リーディングのトレーニングにより「文全体の構造の認識スピード」を鍛える事が重要になってきます。

リーディングで、英語の語順が体に染みついていると、英語で表した時の全体の文構造が、パッと瞬間的にイメージしやすくなります。

④ボキャビル
■ボキャビル(語彙増強)は、例文付きの単語集を使って進めていきますが、このとき、例文の文構造から、覚えるべき単語の意味を推測すると、単語の定着率がグッとよくなります。
参考
→「ボキャビルのやり方

単語の意味を推測するときは、単語の品詞、前後の文との位置関係などから、総合的に判断します。

例えば、
【He read the fax,crumpled it,then angrily threw it in the trash.】

という例文で、「
crumple」という単語が覚えるべき単語だった場合、
「crumple…過去形になってるし、その後に代名詞itが来てるから、まず動詞だよな。前にはreadがあって、後にはthrew。前後の節に動詞があって、カンマで挟まれてるし、間違いないな。…彼はfaxを読み、それをcrumpleして、怒ってゴミ箱に投げた…か。crumple…『ぐしゃぐしゃにする』とか、そんな意味かな?投げるなら、投げれるような形にしないといけないもんな。」

のように推測してから、答えを見ます。すると、
「どれ、答えを確認…『もみくちゃにする』かぁ。やっぱりそうだったか。ゴミ箱に投げ捨てるなら、丸めないと投げれないもんな。」
と、納得感が伴い、非常に記憶に残りやすいです。

参考
→「文構造から単語の意味を推測する

仮に間違った推測をしていたとしても、それはそれで記憶に残りやすいと思います。要は、文構造を分析するくらいの集中力をその文に注いだかという事が大事なようです。

上記のように、文構造から単語の意味を推測するには、正確な文構造分析能力…すなわちリーディング力が必要になります。

2.正確なリーディング力をつけるには

■上述したように、英語学習ではリーディング力をつける事が最優先課題と言えそうです。

勘で読んでしまったり返り読みをしてしまったりするようでは、残念ながら正確なリーディング力を持っているとは言えないようです。


正確なリーディング力をつけるには、「英語真っすぐリーディング講座」などで、文法に基づいた文章を読むためのテクニックを身に付ける必要があります。

英語真っすぐリーディング講座は、私が市販のリーディング用教材(精読用教材)と比べ、非常に解説が丁寧で、英語が苦手な人に目線が合せられています。
作者の方が、自身が英語が苦手だった過去をお持ちの方なので、英語が苦手な人の気持ちがわかるため、しつこいくらいに細やかな解説がされているようです。
参考
→「英語真っすぐリーディング講座体験談④
→「英語真っすぐリーディング講座体験談⑤
→「英語真っすぐリーディング講座体験談⑥

この教材を一冊、かじりつくようにこなせば、嫌でも正確なリーディング力が身に付いてしまうと思います。
ボリュームが非常に多いですが、3サイクル程度はこなしたいところですね。

英語真っすぐリーディング講座の更に良いところは、講座受講期間終了後も、メールで、英語学習に役に立つ情報が送られてくる事です。

例えば、↓は受講期間終了後に送られてくる「英語真っすぐリーディング講座 特別編25号『不定詞(修飾用法)の例外事項』」になります。


個人的に、このメールだけでも、お金を払いたくなる価値のあるものだと感じました。
本講座と合わせて熟読して、英語力の要となるリーディング力を鍛えていきましょう。

英語真っすぐリーディング講座の詳細
→「返り読みするクセを正す






終わり

たまみ:リーディングの大事さがわかったでしょ?

まるひこ:うん。ちょっとシャクだけど、管理人の言う通りやってみるか…




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


勘で読んでしまう人へ




注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)