精読とは?




たまみ:まるひこ君、精読って何だろね?

まるひこ:性読?よくわからないけどいかがわしい本を一瞬イメージしたよ。

たまみ:その「せい」じゃないよ。全く、このステューピッドボーイめ・・・。

まるひこ:???どういう意味?イケメンって事かい?

たまみ:・・・







精読とは?


〜精読とは?〜

1.精読とは?

■精読とは、文の構造・意味を勘に頼ることなく分析しながら理解し読み進めていく事です。「これが主語で、これが動詞、これは過去分詞で主語を修飾する形容詞的用法だな・・・」といった具合にです。

精読が出来るようになることは、英語を英語のまま理解する事に必須で、リスニングや音読、多読など全てのトレーニングの土台を作ることにつながります。
関連
→「聴こえた順に理解する

リスニングトレーニングでは、聞こえてくる英語を、すばやく文の構造・意味を分析的に理解する事が求められますし、音読においても文構造・意味を理解しながら音読しなければその英文は自分のモノにならず会話では使えません。多読にしても、多読は「返り読みをしない」事がトレーニングの用件ですから必然的に英語を前から理解する事になるのでやはり精読力が求められます。
関連
→「返り読みするクセを正す


このように精読力は、全てのトレーニングの大前提となる力なのです。




2.精読の効果

■精読トレーニングをすることにより、英語を英語の語順のまま正しく理解する力が身につきます。


また、構文、語彙に関する知識も身に付くので、英語を読んだり聞いたりするときに、次にどんな単語が来るのかを予想できるようになってきます。

例えば、「This will cause feeding grounds to freeze over once again」という英文で、causeまで読んだ段階で、「次には名詞が来て、場合によってはその後に、to〜が来るかも」というように、無意識のうちに身構える体質が身に付きます。
関連
→「予測しながら読む





また、ボキャビルをやる際は、例文の文構造から学ぶべき単語の意味を推測するようにすると、より単語の定着率が高められるのですが、文構造から単語の意味を推測するには、精読力が必要になります。精読力を高めることで、ボキャビルの効率がアップします。

さらに、リスニングは、乱暴に言ってしまえば「音で文字を読む事」ですから、文章を正確に読む力がなければ、英語を聴き取り理解することは出来ません。精読力を鍛える事は、リスニング力のアップにも繋がります。
関連
→「リスニングが出来ない理由

そして、正確に文構造が把握出来ることは、正確な構造の文を作る力となり、瞬間英作文をする際の基礎力となります。精読力を鍛える事は、瞬間英作文力のアップにも繋がります。

このように、精読で得られるものは、本当に本当に大きいです。逆に言えば、精読をおろそかにした場合は、その他のトレーニングを行った時の効果が充分に得られない事になるかもしれません。
英語真っすぐリーディング講座」などの優秀な教材を使用して、早い段階で精読をマスターしましょう。









終わり

たまみ:勘や推測に頼ったままでは、英語力の向上は望めないんだねぇ。

まるひこ:性読・・・奥が深いぜ・・・


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)