英会話スクールはお金の無駄?



たまみ
:む~…

まるひこ:?たまみちゃん、どうしたの?眉間にシワよせちゃって。

たまみ
:いやぁ、英会話スクールってあるじゃない?結構通ってる人いるみたいだけど、実際のところ効果のほどってどうなのかなぁって思って。授業料とか結構高いみたいだし…。あ、ダンボールハウスに住んでる貧乏人のまるひこ君には一生縁のない話だね。プクク。

まるひこ:完全にバカにしてるよね…







英会話スクールはお金の無駄?


1.知り合いに聞いたお話


■英会話スクールに通っている方は多いですよね。
スマホやタブレットの普及により、英語を勉強する環境が整えやすくなった現代において、英語を武器として身に着けようと思う方は以前に増して多くなってきているようです。


英会話スクールといえば、文字通り会話を中心にレッスンが進められ、基本的に細かな英文法などは教えてくれないことがほとんどのようです。
当サイトでは、英会話を学ぶには英文法は必須であり、それを避けて通るような英会話スクールにはこれまで嫌悪感を抱いておりました。「そんなんで喋るようになるわけないだろう」と。


しかし職場の同僚に、とある話を聞いた結果、その考えが大きく揺らぐことになります。

2.とある夜のお話

■突然ですが、私の住んでいる地方は観光地であり、連日多くの海外の方が訪れます。


ある夜、同僚が地元の同級生との飲み会に参加した際の出来事です。
その飲み会の帰り道、お酒が入って気分を良くされた同僚の同級生が、海外の観光客とすれ違った際、何の躊躇もなく英語で話かけだしたそうです。しかも、一方的に言いたいことを言うだけでなく、相手の言うことを聴きとり、きちんとそれに応じることが出来ていた…きちんと会話をされていたそうなのです。


その方は海外に留学した経験があるわけでもなく、ただ数年間英会話スクールに通っていただけだったそうです。
英会話スクールでは、やはり細かな文法は教えられず、会話を中心としたレッスンをするだけだったそうです。


その話を聞いてから、私はお金があるなら英会話スクールに通った方が独学でやるよりも効果があるのかもしれないなぁ…と思うようになりました。


3.大きな隔たり

■独学で英語を学ぶ方にとって、最後の最後で大きな壁になるのは、「人と実際に話す経験」です。


どれだけリスニング出来るようになっても、瞬間英作文が出来るようになっても、独学では決して出来ない体験は「人と実際に英語で意志のやりとりをすること」です。
こればかりは、英語を話せる相手がいなければどうしようもありません。


英会話スクールはこれを実現できる最適な場所であるようです。
さすがに、その辺に歩いている海外の方に話すにはかなりの勇気が要りますしね。


英会話スクールに通うタイミングとしては、私としては、これまで、文法などの基礎が身につき、瞬間英作文やリスニングなどもある程度こなしてから、最後の仕上げとして通うのがベストである…という考えだったのですが、まず独学でそこまでやろうと思ったら、かなりの自制心が要求されます。
やらなくても誰も困りませんし、怒られませんからね。結果、途中で挫折してしまうことになりそうです。


その点、英会話スクールなら、細かな文法は教えられず、実際のコミュニケーションを通じてレッスンが進められていきますから、飽きませんし、何より大切な会話の体験をすることができます。


聞くことを「求められ」、話すことを「求められ」ます。
独学では決して得られることがない、しかし最も大事な要素です。
結果、上達は速く、自信も得られやすいことでしょう。


4.家での学習も必要

■とはいえ、英会話スクールに通えば、それだけで英会話ができるようになるかというと、それも少し違う気がします。
先に挙げた同僚の同級生の方も、「英会話スクールに通っただけだよ」といっていたそうですが、家での学習を全くしていなかったはずはないと思います。


きっと宿題など、課されていたのではないかと思います。
でなければ、週一回のレッスンだけで、英会話ができるほど上達するとは思えません。


ただ、高いお金を払っていますから、それだけ拘束力もあると思います。
「これだけお金を払っているんだから、絶対に喋れるようにならないと!」という気持ちが、いい効果をもたらすのではないかと思うのです。
参考
→「学習にかける費用


結論、「英会話スクールは、いいものかもしれない…」というお話でした。
ただし、英会話スクールはお高いですから、金銭的に余裕のない方は、「Ays English」などのオンライン英会話スクールを利用するといいかもしれません。






終わり

たまみ:お金に余裕があれば、あたしも英会話スクールに通いたいなぁ…

まるひこ僕はそんなお金があれば○○な本をたくさん買いたいなぁ…




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序



この章のその他の記事


注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)