学習記録を残そう



たまみ
:「Chemical Secret」…5/18~5/21…語数10,150…と。

まるひこ:あ、たまみちゃん。多読で読んだ本、ちゃんと記録に残してるんだね。

たまみ:うん。英語学習って、成果が目に見えにくいからね。まるひこ君の顔も醜いけどね。

まるひこ:おぉい!世紀のイケメンを前に何てことを!







学習記録を残そう


~学習記録を残そう~

1.
長い期間が必要

■厳しいようですが、自信が持てるほどの英語力を手に入れるには、年単位の長い期間が必要となるようです。
英語学習を毎日続けていれば確実に英語力が上がっていくのですが、日々の変化は少しずつであるため、中々上達を感じにくいようです。

「いつになったら英語が出来るようになるんだろ…はぁ~全然進歩している気がしない…やめてしまおうか」と言って英語学習を挫折してしまう人はきっと大勢いらっしゃると思います。

そこで、「私はこんなに頑張ってるんだ!」という言い訳にも見えるのですが、学習記録を目に見える形で残していく事が重要になります。

実際には、どれだけやったかよりも、何が身に付いたかの方が大事なのですが、何が身に付いたのかは客観的に判断しづらいので、こなした量を足跡として残していくことで、自信を積み上げていく事しか出来ません。

そこでこのページでは、管理人流の学習記録のつけ方を紹介します。非常に適当ですが、簡単で長続きする方法です。
本当は、表計算ソフトなどを使って、グラフ化し、見える化するのがベストだと思いますが、そこまでするのは面倒ですからね。

2.学習記録のつけ方

①正の字
管理人は、主に、音読、リスニング、瞬間英作文、ボキャビルで「正」の字でそれぞれこなした回数を記録しています。
関連
→「音読とは?
→「リスニングとは?

→「瞬間英作文とは?
→「ボキャビルとは?

上記トレーニングは特に初級者の場合、とにかく「こなした回数」が重要になってきます。
使用した教材は正の字が何回もつきます。

トレーニング別に細かく見て行きましょう。

■音読


音読のトレーニングは次の様な内容で構成されます。
・先行リスニング
・聴き解き
・テキストを見ないでリピーティング
・テキストを見てリピーティング
テキストを見て音読
・シャドーイング
参考
→「音読のやり方

私は、それぞれ取り組んだ回数をそのパッセージのページに正の字で書いていきました。
1パッセージ終えたら、終えた日付も書いておきましょう。

■リスニング


リスニングのトレーニングは、次の様な内容で構成されます。
・先行リスニング
・聴き解き
・軽い回数の音読
参考
→「リスニングのやり方

私は、音読の回数のみ、取り組んだ日付と共に正の字で書きました。
先行リスニング、聴き解きに関しては記録をつけなくてもいいと思います。

※初心者の場合、音読パッケージでリスニングも兼ねる事が出来ます。
音読パッケージを上級レベルまで終えてから独立したリスニングに取り組みます。
関連
→「大変なのは脱中級

■瞬間英作文


瞬間英作文は、一日1ページだけというのは少なすぎるので、管理人は一日10ページを1セクションとして取り組んでいました。
1セクションの最後のページに、1セクションを1回終えるごとに正の字と終えた日付を書いていきました。
参考
→「瞬間英作文のやり方

瞬間英作文では、テキストを見て取り組んだ後、CDから聞こえる日本語音声をキーとして英作文トレーニングをすると、また違った角度から脳が刺激され効果的です。
私はCDでトレーニングした後も、同じ様に正の字と、日付を書いておきました。

尚、パソコンで出来る瞬間英作文教材「YouCanSpeak」なら、自動で学習記録がつけられるので楽です。
参考
→「パソコンで瞬間英作文

■ボキャビル


ボキャビルは、基本的に単語集を数サイクルこなしていくことになります。
スキマ時間を利用して取り組んだ方が、集中力の観点から言って効率的ですので、一日に取り組む量は一定しないと思います。
参考
→「ボキャビルのやり方
→「ボキャビルはスキマ時間に

私が取り組んだ単語集は、数ページで1ユニットで構成されていましたので、1ユニットを1サイクル終えたら、1ユニットの最後のページに終わった日付を書いていきました。私は上の写真では、付箋で書いていますが、ページに直接書き込んでもいいと思います。

②表計算/別紙に記録

■多読


多読の場合、余程気に入った本でない限り、一冊を何回も読むという事はないと思います。そのため、多読に関しては本に直接書き込まず、別にノートを一冊用意するといいと思います。もしくはA4の紙でもOKです。

私は、現在では表計算ソフトで、読んだ本のタイトルや、語数、読み始めと終わりの日付を管理していますが、最初は面倒で、A4の紙に書いていました。これだけでも充分だと思います。形として残すことが重要ですので。

多読では総語数100万語を目指しますので、現在何語読んだのかを把握しておくためにも、こういった記録を残す事は必須です。
参考
→「多読のやり方

③本への書き込みがそのまま学習記録になる

■文法


私は、文法を学習する際、理解を深めるため、教材に思ったことを書いていきました。そのため、それ自体が学習記録として残っています。
関連
→「本の読み方
→「書いて知識を整理する

文法はこなした回数より、知識を定着させる事が大事なので、正の字を書いていく必要はなさそうです。

3.本当に大事な事を忘れない

突然ですが、とある歌の歌詞の一部に

数えた足跡など気づけば数字でしかない 
知らなきゃいけない事はどうやら1と0の間


というフレーズがあり、聞く度ハッとさせられます。

冒頭に述べた様に、本当に大事なのは学習記録や、積み上げた本の冊数ではなく「何を学んだか?何が出来る様になったのか?」であるという事を忘れないで下さい。

そう考えると、学習記録を残す事は意味がないとも思えますが、我々人間は弱いですから、足跡がないと不安になります。

0.1でも0.01でも足していけば、いつか必ず1になります。1に近づいている事を実感するためにも、学習記録はキチンと残しましょう。








終わり

たまみ学習記録って、たまに振り返って見てみると「こんなに取り組んだんだなぁ」って風に、自信につながっていくよね。

まるひこ管理人、なんか上手い事言った風にまとめたけど下手だな~。




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
気分転換の仕方
英語を習得する準備が出来ている人
英語学習と年齢について
精神的豊かさを感じる方法

子供に英語を習わせるなら
これだけは短期集中で片づける
心配事があるとはかどらない
夢が叶わなくても
時間がありすぎるのは良くない


注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)