夢が叶わなくても


たまみ:うぅ~ん。

まるひこ:たまみちゃん、どうしたの?英語の学習があまりはかどってないようだけど。

たまみ:いやぁ、最近、英語学習する意味が見いだせなくて…最初のうちは海外で暮らせるようになりたいとか、通訳になりたいとか考えてたんだけど、何かもうどうでもよくなってきちゃってさ…

まるひこ:そ、そんな…もう3年間くらい真剣に頑張ってきたじゃないか…諦めるなんてたまみちゃんらしくないよ。たまみちゃんがここで辞めちゃったらこのサイトもなくなっちゃうんだよ?

たまみ
:それもちょっと寂しいね…何か管理人に学習を続ける気になるような話を聞かせてもらいに行こうかな。

まるひこ:そ、そうだね。管理人なら何かいい話してくれるかもね…(ハードル上がったぞ~大丈夫かな管理人…お前にサイトの命運がかかっている…)







夢が叶わなくても


1.夢が叶う人は少ない

■「海外で暮らしてみたい!」「通訳者/翻訳者になりたい!」などとといった思いから、英語習得を決意して学習をしても、実際に夢が叶うのは大分年月が経ってからであり…その間に上記のような思いが徐々に薄れていき、志半ばで夢を諦め、学習を挫折してしまう人が多くいらっしゃるようです。

管理人のように、「自分には、武器と呼べるものが何もないから、何か一つ武器を身に着けたい」といった理由で英語学習を継続できるケースは稀のようで…

多くの場合、英語を身に着けていくのは、既に会社員として努めており、海外勤務を命じられたり、海外とやり取りをしたりする部署へ異動させられたりした方のようです。
必要に迫られずに英語を身に着けていく方というのは、少ないのですね。


また、仮に英語を身につけられたとしても、経済的な事情や、家庭の事情により、夢を諦めざるを得なくなってしまうようなこともありそうです。

当たり前の事かもしれませんが…夢を叶えることは中々簡単な事ではありませんね。


2.得られるものはたくさんある

■夢が叶わなかったとき、せっかく学習して身に着けた英語力は無駄になってしまうのでしょうか?

私としては「No」だと思います。

英語を学ぶメリット」のページにあるように、英語を学ぶ事で得られるものはたくさんあります。

私は、海外で生活したり、通訳者になったりなど、現在のところ一般的に皆さんが憧れるような夢を叶えられてはいませんが、英語を学んで本当に良かったと思っています。

具体的には、仕事上、海外の文書を目にする機会が多くあるため、スムーズに仕事が出来るようになったこと。

海外のウェブサイトを閲覧できるようになった事で、自分の世界が広がったこと、海外のサイトでショッピングが出来るようになったこと。

このように、英語の学習法を紹介出来るサイトを作れるようになったこと。
関連
→「英語でビジネスを

そして、一番大きなものは、「自信」「達成感」「自尊心」や「満足感」といった内的な充実です。
それまで、継続して何かを身につけられたことがなかった私にとって、英語を継続して勉強出来たことは、それだけで精神的な充足感へと繋がっていきました。

参考

→「当サイトの真の目的

また、この先の人生、何があるかわかりません。
ひょっとしたら、海外への転勤を命じられたり、あるいは会社が倒産などしたときに、再就職に有利になるかもしれません。


ですから、夢半ばで諦めてしまったとしても、勉強した時間が無駄になった…と嘆く必要はないのかもしれません。

3.期待値を下げておく

■夢が叶えば、それは素敵なことですが、あまり理想を高く持つと、叶わなかったとき、「やっぱり私には無理だった…」と、自尊心が大きく傷ついてしまうことになりそうです。

そうならないために、はじめから「まぁ夢は叶わなくても、それはそれで得られるものがきっとあるよね」といった具合に、期待値を下げておくと良さそうです。


上記のとおり、夢が叶わなくても実際に得られるものは本当にたくさんあると思います。
それは、学習を継続すればするほど、実感出来てくるでしょう。

私としては、「人生を充実させたいなら、英語を勉強しよう!」と言ってもいいくらい、英語を学ぶことで得られるものは大きいと思っております。

末永く、お付き合いするつもりで…たまに距離を置いたりしながら、学習を続けていきましょう。

身に着けた英語力は、あなたを決して裏切りません。






終わり

たまみ:気が付いたらいろいろ得たものがあったんだなぁ。

まるひこ:そうそう!だから続けていこうよ!英語!(サイト存続の危機は逃れたか…)



英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
子供に英語を習わせるなら
これだけは短期集中で片づける
心配事があるとはかどらない
時間がありすぎるのは良くない



注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)