英語学習以外でもためになる



たまみ
:このサイトって、基本的には、英語の勉強法を紹介するサイトだけど英語以外でも応用できそうな事も書いてあるよね。

まるひこ:え?そうだっけ?例えばどんな?

たまみ:ん~、「まるひこのようになるな!」のページなんかそうじゃない?若い男の子に特に見て欲しいなぁ。

まるひこ:いやそんなページないでしょ!







英語学習以外でもためになる


~英語学習以外でもためになる~

人生/生き方/仕事に役に立つ?


■当サイトは、基本的に英語の勉強法について紹介させていただいていますが、英語の勉強以外にも応用できそうなページもあります。

例えば、心構えの章にある「英語学習を継続するコツ」に書いてある内容は、英語以外で何か身に着けようと思った時に、そのまま応用できそうです。
もちろん、管理人としては、英語学習に応用していただきたいですが…

また、「完璧主義にならない」のページでは、完璧主義になるよりも、多少ルーズであるくらいの方が、学習が上手く進みやすい…と言った事が書かれています。

これは、人生や仕事でも同じ事が言えそうですよね。
完璧主義だと、物事がいつまで経っても片付けられませんし、また、頑張りすぎて病気になってしまう事もあると思います。
楽観主義の方が楽に生きられますし、人生が上手くいきやすい事が多いようです。


また、「好きな先生を見つけよう」のページでは、学習をする際は、師匠と呼べる人を見つけた方が、理解度や定着率が大きくなりやすいと言った事が書かれていますが、これもまた、人生や仕事でも同じ事が言えそうですね。一人で闇雲に何かに取り組むのではなく、誰かに教えてもらいながらの方が、不安なく物事に取り組む事が出来ます。

こうして見ると、人生や生き方について、学ぶべきところがあるのかもしれません。
当サイトの真の目的」のページを見ていただけばわかるように、管理人としては英語学習を通じて生きていく自信を獲得していただくことを目的としてサイトを作らせていただいているため、私には自覚がなくても、そのような事につながるようなページが出来てしまっているのかもしれません。

「英語だけを純粋に学びたい」という方にとっては、余計な情報も含まれているかもしれません。
でも、英語だけを純粋に学びたい方って少ないと思うんですよね。皆さんその先に、何か目的があって、「英語を学びたい」と思うのでしょうから。

そしてその目的、動機とは、

■会社で、海外への転勤を命じられた
■英語でコミュニケーションをとる部署への移動
■入社を希望する会社が、TOEIC600点程度の英語力を要求している

など、直接仕事に関係する事、それ以外の人は、

■洋画を字幕なしで見れる様になりたい
■カッコイイと思われたい
■海外旅行へ一人で行けるようになりたい


と、いったところだと思います。(ご気分を害された方、申し訳ありません)
いずれにせよ、根底には

「充実した人生を送りたい」

と言った気持ちがあるのではないでしょうか。
ですから当サイトに、一見、英語とは関係のない事が書かれているように感じても、一応一通り、目を通していただきたいと思うのです。

英語学習だけではなく、見ていただいた方が充実した人生を送るために、少しでも役に立つように、これからもサイトを作成していきたいと思います。







終わり

たまみまるひこくんの様になったら人生終わりだもんね~。いや~ためになるためになる。

まるひこ:そんな事一言も書いてないだろ!?




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章の他の記事
・「イメージをふんだんに用いた解説
・「ゆるキャラがいっぱい





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)