お金がかからない



たまみ
:このサイトで紹介している学習法は、基本的にお金をかけないものが多いよね。

まるひこ:うん。僕んちなんか明日のご飯があるかどうかも危ういくらい貧乏だから、すごく助かるよ。

たまみ:まるひこくんは、ダンボールハウスに住んでるもんねぇ。英語の勉強なんかしてる暇あったら、バイトでもした方がいいんじゃない?

まるひこ:う、うるさいな。僕は英語を学んで、最終的に英語でビジネスをするんだ。世界を相手にね。そうしたらお金がガッポガッポ…

たまみ:もっと地に足をつけて考えた方が…







お金がかからない


~お金がかからない~

1.基本的には

■当サイトでは、基本的に学習者の方がお金をかけなくても済むような学習法を紹介させていただいています。

瞬間英作文のやり方」で紹介している「瞬間英作文トレーニング」や、「音読のやり方」で紹介している「音読パッケージ」など、1冊の価格が1000円前後なので、経済的に負担になる、という事はまずないと思います。

皆さんには、貴重なお時間を割いて当サイトを見ていただいているので、当サイトで紹介されている方法を実践した結果、仮に全く英語力が身につかなかったとしても、

「だまされた!こんな教材買うんじゃなかった!お金が無駄になった!」
となっていただきたくないので、なるべくお金をかけない学習法を紹介させていただいています。

ただし、「学習にかける費用」のページに書いたように、全くお金をかけない…というのは考えものだと思っています。
お金を全くかけず学習していると、「お金を払ったんだから、最後までやり切ってやる!」という執着心が生まれにくいと感じるからです。

インターネット上にある学習サイトを利用したり、図書館で無料の書籍を借りるのはいいのですが、無料であるがゆえに「途中で放りだしてもいいや。無料だし。」となってしまいがちなような気がします。少なくとも私はそうです。


そういう考えから、「いたずらにお金をかけないが、ある程度の執着心を生ませる程度のお金を必要とする学習法」を紹介させていただいています。

2.経済に余裕のある人は

■上述の様に、基本的にはお金をかけない方法を紹介させていただいていますが、多少値が張る教材も一部紹介しております。

というのも、教材というのは、値段が高いものほど作り込まれていて、購入後のサービスも充実している傾向にあるからです。

例えば「返り読みするクセを正す」のページで紹介している「英語真っすぐリーディング講座」は、英語が読めない人に目線が合わせて作られていて、解説がとにかく丁寧です。

通常販売されている大学入試用英文解釈教材では、解説が割と淡白で、目線が英語が読めない人に合せられていない様な気がします。

また、多くの英文解釈教材は、大学受験用に作られているため、「~の訳し方」など、正しく英語を読むために障害となってしまうような事まで書かれている事が多いです。

一方、「英語真っすぐリーディング講座」は、「英語を左から右に真っすぐ読めるようになる」ことを教材の目的としているため、文を訳して考えることに焦点を当てず、返り読みをせずに、頭の中にイメージを正しい順番で結べるようになるテクニックを伝授してもらえます。

おまけに、受講期間中はメールで質問できるなどサポートも充実しています。

また、オンラインで瞬間英作文トレーニングが出来る教材「YouCanSpeak」は、瞬間英作文用の書籍では再現出来ない魅力があります。

YouCanSpeakでは、「基本」「変化」「代入」「合成」の4ステップで瞬間英作文をします。
詳しくは、「パソコンで瞬間英作文」のページをご覧いただくとお分かりになると思いますが、上記の様なプロセスで瞬間英作文させるのはこの教材だけです。
更に、制限時間を自分で設定出来るのも、書籍にはない大きな魅力だと思います。

また、「単語の定着率=出会いの回数」のページで紹介している「ボキャビルマラソン」は、1つの単語との出会いが最大7回も設けられている管理人最高のボキャビルオススメ教材です。

通常の単語集では、単語1つに付き例文1つという構成ですが、ボキャビルマラソンでは、会話文、チャンツ(リズムとともにネイティブが単語を読む)、問題、雑誌記事など、1つの単語との出会いが違う形で何度も用意されています。
これだけ出会えば、嫌でも覚えてしまう…という感じです。


さらに、日本語と英語が両方収録されており、音声だけで学習出来てしまうのも大きな魅力です。
日本語と英語の両方が収録された音声はその気になれば自分で作る事も可能ですが、ものすごい時間と労力を必要とするため、あまりオススメはできません。(
参考→「日本語→英語音声教材の作り方」)

このように、値段が高い教材には、書籍にはない大きな魅力がありますので、経済に余裕がある方は、購入を検討してもいいかもしれません。
教材に対する執着心も、かけたお金に比例して強くなる事も多そうです。






終わり

たまみ完全に無料で英語習得出来たらすごいけど、きっとそんな人いないだろうなぁ。

まるひこ:最終的にはかけたお金以上のモノが返ってくるんだから、多少お金
がかかってもいいや。(海外のお姉さんとのコミュニケーションが僕を待っている…ぐふふ)




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章の他の記事
・「イメージをふんだんに用いた解説
・「ゆるキャラがいっぱい





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)