瞬間英作文が出来ない=英語が話せない



たまみ
:あぁ~瞬間英作文がなかなか思うように進まないよぉ~。

まるひこ:瞬間英作文は英語学習の中で最も難しいからね~。まぁ頑張って続ける事だね。

たまみ:まるで他人事みたいに言うね。まるひこ君は英語話せるようになるの諦めちゃったの?

まるひこ:いや~、それが昨日すごい教材を発見してしまって、瞬間英作文とかもうやらなくていいんだ~へへへ~。

たまみ:そんな教材見つけたんだ。どんな教材なの?

まるひこ:「これであなたも英語マスター!聞き流すだけで英語が喋れる魔法のメソッド『YesYouCan』」さ。どうだい?たまみちゃんも欲しいでしょ?65000円もしたんだよ~これ。大事な一眼レフを売ったお金で買ったんだ。

たまみ:…ご愁傷さま…







瞬間英作文が出来ない=英語が話せない


~瞬間英作文が出来ない=英語が話せない~

1.必然と

■「瞬間英作文とは?」のページにあるように、瞬間英作文は「言いたい事を英語で言えるようになるためのトレーニング」です。
そのため、
瞬間英作文が出来ない=英語が話せないという事になります。

このページでは、瞬間英作文が出来ない理由について解説したいと思います。

2.瞬間英作文が出来ない理由

①日本語に対応するイメージを持つ英単語を知らない

瞬間英作文では、与えられた日本文からイメージを結び、そのイメージを英文化しますが、イメージを表す英単語を知らない場合、英作文する事は出来ません。


この現象は、与えられた日本文に自分が英語で表す事が出来ない言葉が入っている際に起こります。

瞬間英作文のやり方」のページにあるように、瞬間英作文には3つのレベルがありますが、特にレベル3でこの現象が起こりやすいです。

レベル3は、レベル1、2とは違い、より高度で複雑な表現を獲得していくことが目的であるため、どうしても英語で表すと、やや難しめの日本文に対して英作文をしていく事になります。
そうすると、自分の知らない英単語を求められる確率が高くなります。

レベル3での瞬間英作文は、ボキャビルも兼ねている部分もあるため、そういった状況は単語を学べる機会として、有難いと思うのがいいかもしれません。

中学範囲の英語で英作文をするステージ1、2で、この現象が起こってしまう方は、最低限の語彙を学ぶ必要がありそうです。
参考
→「超重要83単語

②文の作り方が分からない
瞬間英作文をする際には、英語のルールに従って単語を並べていく事になりますが、単語を並べる順番がわからない事も、瞬間英作文が出来ない要因の一つとなります。


単語を並べる順番がわからないというのは、文法が理解出来ていない証拠です。答えの英文を見て、「あっ、そうか。」という具合に納得出来ればいいのですが、答えを見ても、なぜそうなるのかが分からない場合は、文法の勉強をやりなおす必要があります。
関連
→「文法の勉強は必須
→「まずは薄く理解しよう


③文を作るスピードが遅い
単語も知っていて、単語を並べる順番も分かっているが、文を作るのに、10秒以上かかってしまうような場合、瞬間的に英作文出来ているとは言えません。


しかしこれは、瞬間英作文トレーニングをやり始めたばかりの方が必ず通らなければならない道であるため、気にする必要はありません。

制限時間をオーバーして、「あ~、間に合わなかった!」と悔しい気持ちがこみ上げてきたら、それはしっかりと自分の頭で英文を作ろうとしている証拠です。

「次こそは制限時間内に作れるようになってやる!」という気持ちから、脳が本気で英文を早く組み立てようとする事で、徐々に英作文するスピードが上がって行きます。

英文を作ろうという気がない人は日本文を見てパッと答えとなる英文が分からなければ、すぐ答えを見てしまいます。
文を作るだけの単語力と文法知識があるのに、脳が一生懸命になって英文を作ろうと稼動しない場合、いつまで経っても英作文が出来るようになりません。

ただ、瞬間英作文では基本的に、5秒程度考えても英作文出来なければ答えを見なければなりませんので、この辺は何ともバランスが必要です。

上記の①、②のような原因で英作文が出来ない人は何秒考えても答えが分からないと思いますので、答えを見る必要があると思いますが、
①、②に該当しない、つまり、
文を作るだけの単語力と文法知識はある人の場合は、少し長めに時間をとってもいいかもしれません。
2サイクル、3サイクルと、回数を重ねることで徐々に時間を縮めていけばいいですからね。

ちなみに、通常の書籍の瞬間英作文教材では制限時間はなく、自分で心の中で秒数をカウントしなければなりません。
これが以外に難しく、何秒経っても答えを見ずに考えてしまう人も少なくないようです。
そのような方は、「YouCanSpeak」のような制限時間付きの教材の使用を検討してみてもいいかもしれません。
参考
→「パソコンで瞬間英作文






終わり

たまみ瞬間英作文出来ないと英語が話すことが出来ないんだなぁ。避けては通れないね~。

まるひこ:き、聞き流すだけでは喋れる様にならないのか…


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序







注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)