目の前に人がいるつもりで



たまみ
:瞬間英作文って目の前に誰もいないから、実際に発話してる実感が湧かないのが難点なんだよね~。

まるひこ:あぁ~確かに。発話実感がないと、いざ会話になると意外に自信をもって話せないもんだよね。じゃあ、僕をネイティブだと思って、今瞬間英作文をやってごらんよ。ほら。

たまみ:それはできないな~、ネイティブの人に失礼だもん。

まるひこどういう意味かな?







目の前に人がいるつもりで


~目の前に人がいるつもりで~

1.発話実感がない


■瞬間英作文は、書籍を利用して取り組む場合も、YouCanSpeakを利用して取り組む場合も、基本的には一人で行う事になります。

トレーニングをしているときは実感しにくいですが、実際に人を目の前にして話すと、急に自信がなくなり、声が小さくなったり、しっかりと発音が出来なかったりする…という体験を管理人はしてきました。


目の前に誰かにいてもらえばいいのですが、毎日毎日そう都合よく、あなたの英語学習に付き合ってくれる人なんてなかなかいるものではないですよね。

そのため、結局一人で取り組むしかないのですが、ある事を心がける事で、ある程度カバーできそうです。

それは、「目の前に人がいるつもりになって」瞬間英作文することです。
具体的には、
①書籍で瞬間英作文する場合は書籍から目を離す(YouCanSpeakなどパソコンで瞬間英作文する場合はパソコンから目を離す)
②近くに人形やぬいぐるみなどを置いておき、それに向かって話すようにする
③発音は多少間違っててもいいので、ハキハキ話すように心がける


これをやる事でトレーニングにきちんと「発話実感」が伴い、
実際に人を目の前にしても、自信をもってハキハキとした声で英作文出来るようになります。

2.スカイプによるオンライン英会話

■ただ、上記のように、発話実感を伴うよう心がけても、会話ではありませんから当然レスポンスは返ってきません。

これが、一人による英語学習の限界であり、ここから先は、必ず誰かしら相手を探し、本当の会話をする必要が出てきます。

でなければ、どれだけ勉強をしようとも英語でコミュニケーションをとれるようにはなりません。

ここで初めて英会話スクールを利用するのがいいようですが、少々月謝が高いですよね。安くても月1万円からというところが多いようです。

そこで、スカイプによるオンライン英会話を利用します。
これなら、英会話スクールと違い、毎日会話が出来ますし、高くても月5000円程度で済みます。しかも、自分の好きな時間帯でレッスンを受けられるのも大きなメリットです。


レッスン時間は、1回25分程度であり、短い時間に感じるかもしれませんが、英語での会話を25分続けようと思ったら、結構な会話量になります。

3.ステージ4に入ってから

■管理人としては、英会話スクールは、「英語学習の順序」のページにあるステージ4の段階で受講するのがいいと考えています。
ステージ4では、瞬間英作文もかなりの量をこなし、音読も終え、リスニングも好きなものを好きなだけ聴く段階、多読も100万語を超えネイティブ向けの本を読む段階、ボキャビルも1万語レベルを終えている段階で、もうそろそろ会話の実践に入ってもいい頃だと思います。

ただ、いきなり英会話と言っても、まだまだ会話力が不足しているでしょうから、まともな会話にならない事も多いと思います。

ですのでまずは、「カランメソッド」を採用しているスクールを選ぶと良さそうです。

カランメソッドとは、講師がある質問を2回繰り返し、それに対してフルセンテンスの英語でアンサーするという授業形式です。

例えば、講師の方に
【Are you standing on the floor?】
と聞かれれば、
【No,I'm not standing on the floor.I'm sitting on the chair.】
と答えます。「No」だけではダメです。

これが意外に、簡単に出来るようで出来ません。
また、集中力もかなり要するようで、25分間、このカランメソッドをやり続けると、終わったころには結構疲れている事に気付かされます。

質問が聴き取れなかった場合は、専用のチャットルームに講師が文字を書いてくれるので安心です。
発音が良くない箇所については、講師の方が指摘してくれるのもマンツーマンのレッスンならではの利点ですね。


4.フリートーク形式

■カランメソッドで、講師と話す事になれてきたら、フリートーク形式を選んでみるのも良さそうです。

フリートークでは、テーマを一つ選び、それについて講師と話し合うという形式をとっているところが多いようです。
赤の他人と、何のテーマもなしに話すのは、日本人同志でも難しいですからね。

フリートークは、英語学習者が最後に行きつくところと言えます。
せっかく英語を学ぶのなら、やはり会話が出来るようになりたいですよね。
ここまで来れば、「よくここまで頑張ったなぁ」と自分をほめてあげてもいいかもしれませんね。

5.私が体験したスクール

■私はAys English」でレッスンを体験しました。
フィリピン人の女性講師でしたが、別段気になる点はありませんでした。
日本語も喋れる先生でしたので、オンライン英会話デビューの私としては助かりました笑

あくまで、レッスンなのに、始めて受講するときは心臓バクバクでした笑
何せ、始めて対人で英語を話さないといけないのです。
でも、先生がとても優しい方だったので、1回レッスンを受けただけで次からその緊張はなくなりました。

英会話スクールは、ところにより大きな差があるそうなので、まずは無料体験を受講してからスクールを選ぶのが良さそうですね。


「Ays English」




終わり

たまみ:やっぱり対人だと緊張するよねぇ。

まるひこ:僕としてはアメリカ人の先生の方が好みなんだけど…




英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序






  • 注意事項
    ・このサイトはリンクフリーです。
    ・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
    また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



    トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)