YouCanSpeak体験談④1サイクルにかかる時間



たまみ
:YouCanSpeakって、かなり問題数あるけど、いったい1サイクル終えるのにどれくらいかかるんだろうね~。

まるひこ:そうだね~、ちなみに僕はもう挫折しそうである…

たまみ:まるひこ君なんかまだレベル1も終えてないじゃん。この根性なし。

まるひこうっ。なんか地味にこたえる毒舌…







YouCanSpeak体験談④1サイクルにかかる時間


~YouCanSpeak体験談④1サイクルにかかる時間~

1.どれだけ時間がかかるのか

■YouCanSpeakは、4つのレベルで構成されており、それぞれ26個のセグメントがあります。
YouCanSpeakの詳しい説明記事
→「パソコンで瞬間英作文



無理なく、一日1セグメントずつこなしていった場合、
26×4=104で104日で1サイクル終了という事になります。

YouCanSpeakの学習期間は2年なので、365×2=730で730日間も学習出来る事になります。
つまり、7サイクルは回せることになります。

レベル1、レベル2の例文は、比較的短くて簡単なものが多いため、1日1セグメント以上取り組んでも負担に感じないと思います。
また、サイクル数を重ねるほど、1セグメントに要する時間が減ってくると思いますので、実際には7サイクル以上取り組める事になりそうです。

YouCanSpeakは、特にレベル3、レベル4の例文において、8000語レベル以上の難単語や、「take ○○ for granted」などのイディオム表現を瞬間英作文できる稀有な教材ですから、豊かな表現力と、

もちろん基本の文法表現(現在進行形、受身、現在完了、不定詞など)も、嫌というほど英作文させられますので、英作文回路は極限にまで高まります。

それを考えると、(価格も価格ですし…)最低10サイクル程度は取り組んで、教材から得られるものをフルに回収したいところですね。

2.管理人の場合

■参考までに、管理人の場合、


79日で、レベル1~レベル4までの全てのセグメントを1サイクルやり終えました。
一日に取り組んだ量は、レベル1は一日3セグメント、レベル2は一日2セグメント、レベル3、レベル4は一日1セグメントずつ取組みました。
もちろん、毎日やらない日もありました。
また、レベル4に入る前に、レベル1、レベル2、レベル3を、2サイクルずつ終えていました。
それでも所要期間79日間ですので(上写真)、実際には1サイクル半分程度の40日程度で終えれたかもしれません。

1サイクル30日なら、10サイクル1年間程度で終えられそうですね。
あまりサイクル数を重ねすぎると、答えを丸暗記してしまいそうですから、10サイクル程度こなせば十分かなと思います。

3.レベル3、レベル4は…

■レベル3、レベル4になると、使用される単語のレベルが上がり、一文の長さが長くなります。
(レベルごとの例文を別ページで紹介しています。
参考
→「YouCanSpeak体験談③レベル別例文集」)

もし、いきなりYouCanSpeakに取り組む場合、レベル3、レベル4は、途中で挫折してしまうほど負担が大きいかもしれません。
それを考えると、レベル1、レベル2を数サイクルやってからレベル3、レベル4に取り組んだ方が負担が少なくなり、途中で挫折してしまうのを防げるかもしれません。

管理人の場合は、YouCanSpeakに取り組む前に、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」などを終えていたため、レベル3、レベル4でも比較的簡単に、一日1セグメントずつこなすことが出来ました。

さらに、「ボキャビルマラソン」により、8000~12000語レベルまでの語彙まで身に付いていたことも、流暢に英作文出来た理由の一つです。
ある程度ボキャビルも進めておけば、更に負担は軽くなり、一日1セグメントのペースをキッチリ守りやすくなるかもしれません。
ボキャビルマラソンの詳しい説明記事
→「単語の定着率=出会いの回数





終わり

たまみ:一日1セグメントなら無理なく続けられそうだね。

まるひこ:うん。学習期間が2年もあるから、多少やらない日があってもいいしね。


→「YouCanSpeak体験談⑤~強力!ランダム問題!~


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序






注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。



トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)