多読とは?




たまみ:多読って、何ですかね?まるひこさん。

まるひこ:ちょ・・・何で今日は敬語なんだい?何かあったの?

たまみ:いや、まるひこさんの友達だと思われたら嫌なので、これからは若干距離をとっていこうと思いまして。

まるひこ:そ、そんなやめてくれよ・・・ほ、ほら、普段通りの毒舌をお見舞いしてくれよっ。

たまみ
:いや、毒舌とか失礼ですんでね。

まるひこ:た、たまみちゃ〜ん・・・







多読とは?


〜多読とは?〜

1.多読とは?

■多読とは、読んで字のごとく「本をたくさん読む事」です。英語学習においては、英語で書かれた本を大量に読む事ですね。
舐める様に正確に英文を読み解いていく「精読」とは対照的に、完璧な理解を求めずに素早く読み、大量の英語に触れて行く事を目的としたトレーニングです。
SSS多読研究会が推奨している方法でトレーニングを勧めていきます。


2.多読の効果

■多読トレーニングを行う事により以下の効果が得られます。

@イメージを結ぶスピードの上昇
■英文を大量に読む事は、イメージを何度も何度も結ぶ事です。
英語で書かれた本を何冊も消化していくうちに、イメージを結ぶ速度が段々速くなってきます。
イメージを結ぶスピードが上昇する事は、リスニング力の強化にもつながります。



Aイメージをぶれずに結べるようになる
■最初のうちは、英文を見ても綺麗にしっくり来るイメージを結べません。
例えば「She was angry with him(彼女は彼に怒りました)」という英文があったとして、この「with」が「感情の方向」を表す事を知っていても、そのwithが使われた英文を見て、何度もイメージを結ばないと、綺麗にしっかりとしたイメージを結ぶ事が出来ないのです。
多読をし、同じ表現が使われている英文に何度も出会う事により、英文の持つ気持ちがわかり、ぶれずにイメージを結べる様になります。












終わり

たまみ:多読は高い英語力には必須だそうですよ、まるひこさん。

まるひこ:ま、まだ敬語なの・・・そういうメンタル攻撃はホントにやめて・・・


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
語彙制限本が嫌いな人へ





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)