多読のやり方




たまみ:・・・・

まるひこ:た、たまみちゃん?ほら、多読のやり方を管理人が紹介してくれるよ。いつもの冒頭のやりとりを・・・
「多読って、英語力つくらしいけど効果的なやり方とかないのかな〜?」はい、たまみちゃん!

たまみ:・・・・

まるひこ:あ、あれ?ぼ、僕は英語の多読より、○○な本の多読のが好きなんだけどなぁ。はい、たまみちゃんここで毒舌!

たまみ
:・・・・

まるひこ:た、たまみちゃ〜ん・・・何で今回は沈黙なんだ・・・







多読のやり方


〜多読のやり方〜

1.SSS式多読

■多読はSSS多読研究会が推奨しているSSS式多読と言う方法で進めていきます。
SSS式多読では、次の3原則に従って本を読んでいきます。

@辞書は引かない
■多読は、スピーディに本を読み進めていくトレーニングですが、辞書を引いていては読みのスピードは非常に遅くなってしまいます。
ですので、辞書を引く必要のない、自分のレベルに合った本を選ぶ必要があります。英語学習者用に発売されている、語彙制限本(Penguin readersや、ladderシリーズなど)や、高校生用副読本などから自分のレベルに合った本を探しましょう。




Aわからない所は飛ばして前へ進む
■たくさんの英文に触れていれば、中には文構造や意味のわからない文などが必ず出てくるでしょう。そういった文に出会っても、深く考えずに前へ進みましょう。前後の分をつなげて、何となく意味を理解すれば充分です。
とにかく、読みのスピードを優先させましょう。




Bつまらなくなったらやめる
■SSS式多読では、最終的に100万語達成を目標にしますが、自分にとってつまらないものを大量に読むのは、苦痛で、継続を妨げる要因になります。
ミステリー、ラブロマンス、ホラーなど様々なジャンルがありますので、その中から自分の好きなジャンルを選んで読み進めていきましょう。



英語学習者用教材なら、たいてい本のどこかに、その本に用いられている語数が記載されています。Penguin readersなら、レベル3で1冊1万語程度のモノが多いです。合計語数100万語達成を目指しましょう。


2.使用する教材

■多読に使用する教材は、英語学習者向けの語彙制限本や、児童向けの英語の絵本などです。
実は多読で100万語を達成しようと思うと、結構な出費になります。
関連
→「学習にかける費用

図書館を利用したり、ネットオークションやAmazonなどを利用し、なるべく安く本を手に入れる方法を見つけましょう。
ちなみに管理人は、yahooオークションで中古品をセットで買う事が多いです。
参考
→「本を安く買う方法

また、現代は、スマートフォン、タブレットなどが普及していますので、電子書籍を利用するという手もあります。

通常の紙の書籍よりも安く購入できたり、省スペースであるなど、メリットもたくさんあるのですが、ある理由から、電子書籍での多読は私はあまりオススメしません。
参考
→「電子書籍での多読について


3.多読を行う期間

■多読を行うのは、正確な読み(精読)が出来るようになってからです。精読がまだ出来ない人は、多読に取り組んではいけません。
管理人は主に「英語真っすぐリーディング講座」を利用して、しっかりとした精読力をつけてから多読に臨みました。

最初は、英語学習者向けの語彙制限本などからはじめて、除々にレベルを上げていき、ペーパーバックや英字新聞などに移行していきましょう。
関連
→「語彙制限本が嫌いな人へ

多読は、リスニング同様英語力を高めたい限り、ずっと続きます。最終的には、読みたいものを読みたいだけ読む。トレーニングという感覚はなくなってくるでしょう。
関連
→「多読とリスニングは似ている











終わり

たまみ:・・・・・

まるひこ:た、たまみちゃん?ほら、いつもの締めのやり取り・・・を・・・


英語を学ぶ時は、絶対にイメージを使った学習を

人は言葉を聞き、そこから頭にイメージを浮かべます。
また、頭に浮かんだイメージを言葉にします。

すなわち、言語を学ぶ時は、

1.イメージの結び方を覚える
2.英文を読む時も聞く時も頭に常に正確にイメージを結べるようにする
3.イメージを結ぶ速度を上げる
4.イメージを英文化できるようにする
5.英文化する速度を上げる


このプロセスによる学習が最も有効であると管理人は考えています。
当サイト「イメージ英語」では、上記プロセスに則った学習法を紹介させていただいています。

まずは学習の種類を知る
→「学習の種類を解説

学習法を学んだ後は早速実践
→「英語学習の順序


この章のその他の記事
語彙制限本が嫌いな人へ





注意事項
・このサイトはリンクフリーです。
・本サイトの全てのコンテンツの無断転載・無断引用を固く禁じます。
また、本サイトの内容によって生じたいかなる損害も、管理人はその責任を負いません。掲載されている学習法や教材はご自身の責任にてご利用ください。




トップページへ

SIDE MENU




勉強の息抜きに、当サイト看板キャラクター「たまみ」の写真館もぜひどうぞ。
→「たまみの部屋」へ





当サイト「イメージ 英語」には、ゆるキャラがたくさん登場します。
登場キャラクター紹介はこちらから。





管理人へのご連絡・メッセージはこちらから。
寂しいので連絡下さい(笑)